« 黒子のバスケ(第4話) | トップページ | めだかボックス(第5話) »

ヨルムンガンド(第4話)

チナツ[ CV:神田朱美 ]がパンツを履いてココ[ CV:伊藤静 ]の元へ来た時点で、その結果は自ずと見えていた・・・ということだろうか。それとも、"3日目"に賭けたココの武器商人としての第6感が勝ったんだろうか。

ほんの数分前までは、チナツがパンツを履いていない理由で笑いさえこぼれていたのに、チナツはココの警告にためらうこと無く銃口を向け、そしてレーム[ CV:石塚運昇 ]は迷い無くライフルの引き金を引く。

分かってはいた。だけどほんの少し、もしかするとチナツがココと共に行動することになるんじゃないか?っていう期待が、本当にわずかだけれど俺の意識の片隅にあったことは否定できない。じゃあココは、もしチナツが銃を持ち出さなかった場合、狙撃しないように指示をしたんだろうか?

考えたくは無いけれど、その答えはNoのような気がする。その答えは、たぶんココがチナツに語った「武器を売る理由」にあるような気がする。

ヨルムンガンド(@TOKYO MX) / アニメーション制作:WHITE FOX

|

« 黒子のバスケ(第4話) | トップページ | めだかボックス(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54616062

この記事へのトラックバック一覧です: ヨルムンガンド(第4話):

« 黒子のバスケ(第4話) | トップページ | めだかボックス(第5話) »