« さんかれあ(第6話) | トップページ | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド(第6話) »

坂道のアポロン(第5話)

今の[ CV:木村良平 ]には、律子[ CV:南里侑香 ]の事を、たとえ表面上だけだったとしても、吹っ切らせてくれる何かが必要だった。それが母親である小夜子[ CV:本多貴子 ]との再会だった。

今の薫の数少ない友人と言えば千太郎[ CV:細谷佳正 ]だけど、律子の事となると流石に千太郎とまだガチで話すのは難しそう。かといって淳一[ CV:諏訪部順一 ]はいつもこっちに来てるわけじゃ無いし・・。

普通ならそこで母親が登場することは無いんだけど、薫の場合は「ほとんど面識が無い」という状況が幸いだった。この絶妙な距離感と、小夜子の薫に対する柔らかい接し方のおかげで、結果的には自然と律子のことを話せたんだと思う。

だからといって薫が律子を諦めたって事は無いと思うけど、これでしばらくはストーリーもジャズに集中かな?

坂道のアポロン(@フジテレビ) / アニメーション制作:MAPPA/手塚プロダクション

|

« さんかれあ(第6話) | トップページ | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54690684

この記事へのトラックバック一覧です: 坂道のアポロン(第5話):

« さんかれあ(第6話) | トップページ | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド(第6話) »