« 這いよれ!ニャル子さん(第5話) | トップページ | クイーンズブレイド リベリオン(第6話) »

君と僕。2(第6話)

祐希[ CV:木村良太 ]花代[ CV:遠藤綾 ]に対する、おそらくは"恋"する気持ちと、祐希をあくまでも食堂によく来る生徒として接する加代の気持ち。

これが恋愛に発展することはおそらく無いんだろうけれど、それでも微妙にすれ違っているようで、だけどお互いを意識しているようにも見える、この絶妙な関係。つかず離れずとでも言ったら良いんだろうか。別れの場面、祐希に手を振ることも無く振り返る事も無い花代を見て、「やっぱり大人の余裕だなぁ」と思った。

けれどそんな感心は、しばらく後にちょっと安堵の気持ちに代わった。なぜなら、花代もやっぱり祐希のことを祐希と同じように意識していたって事が分かったから。祐希が髪の毛に触れたあの瞬間、花代は気づいていたんだ。千鶴[ CV:入野自由 ]が髪の毛を触ろうとして怒られていたことを考えると、祐希に髪の毛を触らせたってが、どういう意味なのかは言うまでも無い。

ところで、祐希のそれはバスケと呼んで良いんでしょうか。いや、確かにセンターサークルから余裕でゴール狙えるなら、相当な戦力にはなるだろうけども・・。

君と僕。(@テレビ東京) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« 這いよれ!ニャル子さん(第5話) | トップページ | クイーンズブレイド リベリオン(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54674321

この記事へのトラックバック一覧です: 君と僕。2(第6話):

« 這いよれ!ニャル子さん(第5話) | トップページ | クイーンズブレイド リベリオン(第6話) »