« 機動戦士ガンダムAGE(第33話) | トップページ | AKB0048(第5話) »

緋色の欠片(第9話)

フィーア[ CV:大原さやか ]の存在に、やはり誰も気づいていなかったってことか。とは言え、彼女がこれまで学校に潜入してきた目的があったはずなのに、ここでその正体を見せたと言うことは、目的を達したか、もしくは大きな動きがあったのか。

動きという意味では、珠紀[ CV:三宅麻理恵 ]と特に真弘[ CV:岡野浩介 ]の関係が、少し変わってきていると思う。これまでの真弘は、イヤな仕事を"義務"としてこなしているって感じだったけど、珠紀の制止をむげにしなかったその態度は、今までのソレとは明らかに違うよね。

それが珠紀に力が付いてきたから?と聞かれれば、残念ながらまだNo。いろいろと手がかりにはたどり着いている気がするんだけど、なかなかそこから先に行かないんだよね。なんせ相手は「山の神」とやらをあっさり始末してしまうくらいなんだから、中途半端に覚醒したところで勝ち目は無いわけだし。

そういうもどかしさは相変わらずなんだけど、守護五家との信頼関係が出来つつあるから、少し楽観的に見られるようになってはきたな。

緋色の欠片(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 機動戦士ガンダムAGE(第33話) | トップページ | AKB0048(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54838595

この記事へのトラックバック一覧です: 緋色の欠片(第9話):

« 機動戦士ガンダムAGE(第33話) | トップページ | AKB0048(第5話) »