« 謎の彼女X(第6話) | トップページ | 緋色の欠片(第7話) »

機動戦士ガンダムAGE(第31話)

キオ[ CV:山本和臣 ]編に入っても、やはりストーリーの展開はかなり早いな。今回それを如実に感じたのは、ウットビット[ CV:大畑伸太郎 ]シャナルア[ CV:朴ロ美 ]の二人の存在だ。

これまでのアセム[ CV:江口拓也 ]編やフリット[ CV:井上和彦 ]編と違って、ガンヘイル家の家計のハズのウットビットが、どうもあまりガンダムをお好きで無い様子。

これはキオと打ち解けるには相当時間がかかりそうだな~と、手強さを感じていたのに、予想以上の早さでどうやら友人になってしまったらしい。ここではもう少しキオの成長過程を見たかっただけに、ちょっと残念。一方のシャナルアは明らかに怪しげな行動を取っているけれど、どうやらそれも次回での対決となりそうだ。

アセムと違って、どうやらキオにXラウンダーの力があることは確実。となると、キオの場合はパイロットとしての成長よりも、より一層、人としての成長がストーリーのテーマになるはず。人との出会いや別れは、よりじっくりと見てみたいというのが本音だけどね。

機動戦士ガンダムAGE(@TBS) / アニメーション制作:サンライズ

|

« 謎の彼女X(第6話) | トップページ | 緋色の欠片(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54705467

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダムAGE(第31話):

« 謎の彼女X(第6話) | トップページ | 緋色の欠片(第7話) »