« 謎の彼女X(第7話) | トップページ | 緋色の欠片(第8話) »

機動戦士ガンダムAGE(第32話)

指揮官としては、フリット[ CV:井上和彦 ]の判断は正しいんだろう。そして合理的。だけど俺は、やっぱりキオ[ CV:山本和臣 ]に同調してしまう。

シャナルア[ CV:朴ロ美 ]の行動が、正しい物だったと言うつもりも無いし、正当化は出来ないと思う。だけど、キオに厳しい言葉をかけてくれた彼女の"気持ち"は、決して嘘だったとは思えない。キオだって、彼女の本気が分かっていたからこそ、その後を追ったはず。

しかしだ、コックピットに妹の写真を貼ってしまったあたりで、もう既に彼女の命運は尽きてしまっていたんだろう。後戻り出来なくなった彼女に待っているのは、悲惨な死あるのみ。それが分かっているからこそ、最後までキオの事を気にかけていたシャナルアの気持ちが、刺さるように伝わってくる。

戦争というテーマを如何に描くか。これはガンダムという作品に与えられた命題でもある。今回のエピソードは、ガンダムらしいと言って良いんじゃないだろうか。

機動戦士ガンダムAGE(@TBS) / アニメーション制作:サンライズ

|

« 謎の彼女X(第7話) | トップページ | 緋色の欠片(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54784601

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダムAGE(第32話):

« 謎の彼女X(第7話) | トップページ | 緋色の欠片(第8話) »