« 緋色の欠片(第7話) | トップページ | 氷菓(第4話) »

AKB0048(第3話)

「本物のAKBも、戦場と同じくらい厳しい環境を勝ち残ってきた、選ばれたメンバーなんです」―。

今回のエピソードには、そんな裏の意図がありそうだけれど、アニメのストーリーとしてはまぁよくある展開ではある。邪推せずに楽しめれば良かったんだけど、そんなことを考えていたら、なかなか凪沙[ CV:岩田華怜 ]たちに感情移入できずに、終わってしまった。

今回、知恵理[ CV:渡辺麻友 ]3型目(?)渡辺麻友[ CV:田村ゆかり ]に「このままじゃセレクションに残れない」と言っていた理由、それこそが極限の状態で知恵理と凪沙が見せたチームワークだったってことだよね。

ライブシーンは3DCGだから、ステージ上のキャラクターもグリグリ動かせるんだけど、今回はそれ以上に候補生たちのバトルシーンが凄かった。メカの動きはもちろんそうなんだけど、ボロボロになりながらも何とか立ち向かおうとする知恵理たちの緊迫感が、ヒシヒシと伝わる良い演出だった。

AKB0048(@TVK) / アニメーション制作:サテライト

|

« 緋色の欠片(第7話) | トップページ | 氷菓(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54705491

この記事へのトラックバック一覧です: AKB0048(第3話):

« 緋色の欠片(第7話) | トップページ | 氷菓(第4話) »