« シャイニング・ハーツ ~幸せのパン~(第7話) | トップページ | 黄昏乙女×アムネジア(第8話) »

Fate/Zero(第21話)

三文芝居どころじゃ無い。この悲劇をいったいどんな顔をして楽しめというのか。ただひたすらに、醜態をさらしただけにしか、俺には見えなかった。

雁夜[ CV:新垣樽助 ]の身勝手な行動と幼稚な思考に、同情の余地は全く無い。綺礼[ CV:中田譲治 ]の企みには、吐き気がする。力尽きてゆく[ CV:伊藤葉純 ]の最期を、ただ見ている事しか出来ない無力感。

これが聖杯戦争―。そう、分かってはいたつもりだった。綺礼だけじゃなく、切嗣[ CV:小山力也 ]時臣[ CV:速水奨 ]だって、同じようなことをしていたじゃないか。なのにどうして、今回はこんなにも気分が悪いんだろう。

そんなマスターの熾烈で貪欲な醜い争いと、しかしそれでも崇高な目的のために戦い続けるサーヴァント。この対比がひたすらに虚しくなる。これでもか!というくらいに気分をどん底へ突き落としてくれる、しかし秀逸な脚本だ。

Fate/Zero(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ufotable

|

« シャイニング・ハーツ ~幸せのパン~(第7話) | トップページ | 黄昏乙女×アムネジア(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54831792

この記事へのトラックバック一覧です: Fate/Zero(第21話):

» (アニメ感想) Fate/Zero 第21話 「双輪の騎士」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・ピッコロ Fate/Zero (3) フィギュア付き限定版 (グッズ付書籍)(2012/03/26)真じろう商品詳細を見る アイリスフィールを必ず連れ戻す、と舞弥と最期の約束を交わしたセイバー。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年5月30日 (水) 21時11分

« シャイニング・ハーツ ~幸せのパン~(第7話) | トップページ | 黄昏乙女×アムネジア(第8話) »