« 黒子のバスケ(第10話) | トップページ | めだかボックス(第11話) »

ヨルムンガンド(第10話)

もちろん、ココ[ CV:伊藤静 ]バルドラ[ CV:松本大 ]を見送ったのは、いろいろな打算があったからに他ならない。じゃあ、ヨナ[ CV:田村睦心 ]に「なまくらになって欲しくない」と言ったのは、バルドラを逃がしたことの方便なのか?

おそらく、それは否だろうな。ココの言葉、特にヨナに対しての言葉は、おそらくいつでも嘘偽りは無いと思う。それだけ、ココにとってヨナの存在は特別のように見える。それは親心とか好意とかともちょっと違って見えて、とにかくココにとってのヨナは慈しむべき存在なんだろうな。

そして9話マオ[ CV:四宮豪 ]のエピソードが、今回の伏線になっていたか。しかも飛行機のハッチに固定してあの巨大な砲門をぶっ放すとは。弾を放った後のマオの溜めが、何とも格好いい。

巨大な薬莢が大きな音と立てて転げ落ちるあの瞬間も、何とも言えない充実感だよね。自分が撃った訳じゃ無いのに(笑)。

ヨルムンガンド(@TOKYO MX) / アニメーション制作:WHITE FOX

|

« 黒子のバスケ(第10話) | トップページ | めだかボックス(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54962519

この記事へのトラックバック一覧です: ヨルムンガンド(第10話):

« 黒子のバスケ(第10話) | トップページ | めだかボックス(第11話) »