« あっちこっち(第10話) | トップページ | 夏色キセキ(第10話) »

さんかれあ(第10話)

散花家の秘密、か。それが亞里亞[ CV:浅野まゆみ ]の口から千紘[ CV:木村良平 ]に語られるという状況が、これまでのストーリーからは想像出来なかった流れだ。

そもそもあの散花家において、どうして亞里亞はやりたい放題というか、自由奔放に振る舞っていられるのか凄く疑問だった。何か団一郎[ CV:石塚運昇 ]の弱みでも握っているのかと思ったけど、そんな生やさしい物じゃなかったな。

要は団一郎にとって、亞里亞の存在なんて気にかける必要すらない物ってことなんだろう。体面を保つためなのか、それとも本当に亞里亞に対して感謝の気持ちがあったのかは定かでは無いけれど、それこそ家においてある置物か何かと変わらない扱い。

そんな異様な空気の中で、意外にも千紘が気丈に振る舞ってることにちょっと感心。少なくとも千紘なら、長いものに巻かれる事も無いと思うし、団一郎を思いっきり悔しがらせてやって欲しい。

さんかれあ(@TBS) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« あっちこっち(第10話) | トップページ | 夏色キセキ(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54923166

この記事へのトラックバック一覧です: さんかれあ(第10話):

« あっちこっち(第10話) | トップページ | 夏色キセキ(第10話) »