« 機動戦士ガンダムAGE(第35話) | トップページ | 黄昏乙女×アムネジア(第10話) »

緋色の欠片(第11話)

「珠依の巫女」として事態を収めるためには、守護五家のだれかを犠牲にしなければならない―。

珠紀[ CV:三宅麻理恵 ]が、何かに取り憑かれたかのように一心不乱に朗読していたあの文章は、すなわちそういうことを意味していたんだよな。当然、拓磨[ CV:杉田智和 ]はその意味を理解した。

こんな時に、珠紀の優しい言葉は確かに反則のような気がする。そしてそんな珠紀に弱さをさらけ出していた拓磨を、おそらく真弘[ CV:岡野浩介 ]は見ていたんだろう。真弘のこれまでの行動と知識を考えるなら、既にそのことを知っている可能性は高そうだ。

加えて、未だにフィーア[ CV:大原さやか ]のことを言おうとしない慎司[ CV:下和田ヒロキ ]。その理由も、何となくそこと関係あるような気がしてきたぞ。

恋愛要素からは少し遠ざかっていたこの作品だけど、最終話を前にしていよいよ逆ハーレムの開始か?

緋色の欠片(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 機動戦士ガンダムAGE(第35話) | トップページ | 黄昏乙女×アムネジア(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54938957

この記事へのトラックバック一覧です: 緋色の欠片(第11話):

« 機動戦士ガンダムAGE(第35話) | トップページ | 黄昏乙女×アムネジア(第10話) »