« 氷菓(第10話) | トップページ | 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(第11話) »

黄昏乙女×アムネジア(最終話:第12話)

▼最終話
これが夕子[ CV:原由実 ]との永遠の別れになるはずが無い。だって、貞一[ CV:代永翼 ]の事を本当に好きになったのなら、貞一への未練でこの世に残るはずだよね?

半ば確信を持ってそう言える場面なのに、部室で過ごす夕子と貞一の最後のシーンは、ちょっと反則的に感動的。挿入歌の「レクイエム」がまた、反則的にこの場面にシンクロする。最後はノートを使った二人の会話。夕子が見えなくなったあの場面を連想させる、まさにクライマックス。

最後に夕子との再会。何てことは無いありふれた最終話らしいシナリオだけど、何よりも夕子の幸せそうな笑顔と、貞一の涙を見ていると、何も言う必要も無いじゃないか。敢えて二人が別れたままっていうシナリオも俺はアリだとおもうけど、この作品に限って言えば、ハッピーエンドでとにかく良かった。惜しむべきは、霧江[ CV:喜多村英梨 ]の見せ場が全く無かった所かな。

▼絶妙なバランス
夕子っていう愛らしい幽霊と、一方で背筋がゾクッとするような学校の怪談。最初は夕子の"可愛さ"の部分を前面に出しておきつつ、徐々にストーリーに確信である夕子の"闇"の部分に近づいていく。最初は幽霊出てくるけど全然怖くないな~と思っていたのに、気がつけば何か得体の知れない存在に恐怖を感じている。

最初は油断させておいて、しかし少しずつこの引きずり込まれて抜け出せなくなるような感覚。なにか恐ろしい事が起こりそう!と分かってはいても、目が離せない旧校舎の暗闇の先。まさにやみつきになるようなストーリーだった。

▼夕子もいいがしかし霧江も捨てがたい
この作品の二大ヒロイン、夕子と霧江。この際、ももえ[ CV:福圓美里 ]は置いておく。貞一としてはもちろん夕子推しなんだけど、霧江という女の子もこれまた実に魅力的だ。

貞一にクールに振る舞っておきながら、めちゃくちゃ恐がりな上に最後はひたすら泣くっていう、このギャップが実に可愛い。ボーイッシュな容姿とは裏腹に、じつはものすごく女の子っぽいところが俺のストライクゾーン。正直これは、甲乙付けがたい。貞一と霧江のエピソードも、もう少し見てみたかった。

▼どこかにありそうな風景
この作品を見ていると、行ったことが無い場所のはずなのに、この旧校舎、そして怪異調査部の部室は、まるで昔見たことがあるような、そして今でもすぐ近くにありそうな。そんな錯覚を覚えるくらいに、違和感のなく、スッと入ってくる舞台。

時には懐かしさと、そして時には不気味な雰囲気を上手く演出してくれた背景と、そしてなによりも夕子や霧江の魅力を増すこと無く引き出す作画。暗いシーンが多かっただけに、画面が明るくなったときの華やかさもより一層際立つ。TVシリーズとしては文句なしの出来でしょう。

黄昏乙女×アムネジア(@TVK) / アニメーション制作:SILVER LINK.

|

« 氷菓(第10話) | トップページ | 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55052781

この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏乙女×アムネジア(最終話:第12話):

« 氷菓(第10話) | トップページ | 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(第11話) »