« 黒子のバスケ(第12話) | トップページ | さんかれあ(最終話:第12話) »

あっちこっち(最終話:第12話)

▼最終話
Aパートにバレンタイン、そしてBパートにホワイトデー。実に綺麗な最終話の構成。つみき[ CV:大久保瑠美 ]たちが手作りなのは分かるとして、伊御[ CV:岡本信彦 ]たちのお返しまで手作りってのが凄いな。なかなかその発想が無いよね。

最終話ということもあって、つみきはほぼ常時ネコ化の大サービス。それでも伊御にチョコブラウニーを渡そうとしつつ、雨に濡れて途方に暮れていたあのときだけは、ネコ化じゃなくて正解!たぶんこれまでで、一番最大につみきの可愛かった瞬間じゃないか?

そして伊御のお返しもなかなか憎い。なんと言ってもあのニャンコだ。つみきが「ニャンコ」って言うのだけでも、可愛くてしょうがないのに。つみきの照れ隠しのパンチと、まんざらでも無さそうな伊御。この二人はやっぱり最後までこの距離感。そしてそれが心地良いね。

▼ストーリー性とテンポの良さ
4コマ原作にありがちな強引な場面転換とか、1話の中でのストーリー性のなさとか、そういう悪い面が全然見られなかった「あっちこっち」。一方で、4コマならではのテンポの良さが、ストーリーだったり会話だったり、随所に見られた。

いわゆる日常アニメの1つだと思うんだけど、作中の時間の流れはすごくゆったりしているように感じるんだけど、それに退屈させられることなく、一緒にその時間を楽しめる。こういうジャンルの作品はもうお腹いっぱいと思う人もいるのかもしれないけど、俺は1期に1本は欲しいなぁ。

▼理屈抜きに可愛い
つみきや[ CV:福原香織 ]の可愛さは、あれこれ言葉や文字で説明する必要も無いだろうな。つみきの「ツンモード」「デレモード」、さらには姫の「妄想モード」と、とにかくこの二人はいつ見てても思わず頬が緩んでしまう。

そこへきての真宵[ CV:生天目仁美 ]のキャラクター。これもまた説明の必要が無いくらいに強烈(笑)。面白い作品って、「こんな性格のキャラクター同士が仲良くやっていけるはずがない」と思わせる組み合わせが、見事に調和しているんだよね。

▼安定した作画
デフォルメキャラのアニメの場合、大抵それほど動きは多くないし、作画が崩れる作品は滅多に無い。そしてあっちこっちもまた、それと同様の傾向だったかな。まぁここでも、やっぱりつみきに尽きる。あのネコミミが「むにゅっ」と出てくる瞬間の映像は、ついつい巻き戻したくなるよね。あれ、俺だけ?

あっちこっち(@TBS) / アニメーション制作:AIC

|

« 黒子のバスケ(第12話) | トップページ | さんかれあ(最終話:第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55082161

この記事へのトラックバック一覧です: あっちこっち(最終話:第12話):

« 黒子のバスケ(第12話) | トップページ | さんかれあ(最終話:第12話) »