« 機動戦士ガンダムAGE(第37話) | トップページ | AKB0048(第9話) »

緋色の欠片(最終話:第13話)

▼最終話
ババ様[ CV:久保田民絵 ]はおそらく、拓磨[ CV:杉田智和 ]が戦える状態じゃ無いと知った上で、アリア[ CV:磯村知美 ]にカマをかけたんじゃないかと思うね。

これまで圧倒的な戦力差を見せつけられていたロゴスが、拓磨が鬼切丸を手にしたという事実だけで、こうもあっさりと引いていく。俺には単なる刀にしか見えなかったけれど、逆に言えばアリスが鬼切丸の力をよく分かっているが故、今回は戦いを回避できたとも言える。ここは敵ながら、アリスの頭の良さに助けられた。

結局のところ、珠紀[ CV:三宅麻理恵 ]はこの戦いで珠依姫の力に目覚めたって事になる?だけど今のところ、拓磨の暴走を止めただけで、真弘[ CV:岡野浩介 ]たちが強くなったようには見えないし・・・。

分割2クールということで、気がつけば何にも解決してない気がするけど、後半である2クール目に向けての舞台は、ちょうど良い具合に整ったってところかな。

▼オーソドックスなシナリオ
敢えて奇をてらうでもなく、かといって何の驚きが無いとも言わない。キャラクターの関係はあくまでも「乙女ゲーム」だとは思うけれど、その内容は実にわかりやすい魔法と戦いの世界観。少し意外なのは、敢えてなのか分からないけど恋愛の要素がほとんど無かった事かな。

俺はもっと分かりやすいくらいに珠紀がモテモテの逆ハーレム状態になるんじゃ無いかと思っていたけれど、そもそも珠紀が意外と守護五家の男になびかない!これは良い意味で想像とは違った。必要以上にイケメン推しで来てたら、早々と辟易していたに違いない。

▼感情移入はしづらい
まぁこれは当たり前なんだけどね。そもそもターゲットが女性であって、男が見てもつまらなくは無いんだけど、より深く作品の世界観に没入して楽しむという次元じゃ無い。イケメン達が我こそはと名乗りを上げ、自分を護ってくれる。自分のために戦ってくれる。

とは言っても、自分のために戦ってくれる守護五家に何もできない珠紀の葛藤とか、自分たちに与えられた役割に疑問を感じながらも、それでも勝ち目の無い相手に向かっていく守護五家とか、部分的なエピソードだけを切り出せば、十分に見応えのある画面もあった。男が見ても、それほど退屈はしないと思う。

▼キャラクターの作画が命
男向けの恋愛ADVゲーム原作アニメで、女の子が可愛くないと致命的なのと全く同じ理由で、この作品では守護五家の5人がとにかく格好良くないとお話にならない。それはイケメンであるという事はもちろん、立ち居振る舞いだったり、戦いでの身のこなしだったり。

キャラデザ及び総作画監督に恩田尚之氏を迎えている時点で、この作品にかける意気込みという物が伝わってくる訳で。キャラクターの見せるちょっとした表情の変化だったり、多々あるバトルシーンの迫力だったりと、作画的な見せ場は結構多かったし、クオリティはかなり高いレベルだったと思う。

緋色の欠片(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 機動戦士ガンダムAGE(第37話) | トップページ | AKB0048(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55052711

この記事へのトラックバック一覧です: 緋色の欠片(最終話:第13話):

» ◎緋色の欠片第十三話鬼斬丸の力 [ぺろぺろキャンディー]
Ω森→アリアちゃんがやってくる→封印破られる。ドライ:アーティファクト確保しておきましょうか。アリア:お前たちは負けたのだ。見逃してやる。タクマ:お前はみんなと逃げろ。... [続きを読む]

受信: 2012年10月27日 (土) 17時59分

« 機動戦士ガンダムAGE(第37話) | トップページ | AKB0048(第9話) »