« ZETMAN(第9話) | トップページ | つり球(第8話) »

坂道のアポロン(第8話)

俺のイメージでは、百合香[ CV:遠藤綾 ]ってもっと周りに流されやすいタイプだと思っていた。それこそ、誰かを好きになったら盲目的で、もうその人しか見えてないような。だから、堕落し果てた淳一[ CV:諏訪部順一 ]にも、おぼれてしまうんじゃ無いかって。

最初は百合香をあしらおうとする淳一の方が一枚上手かと思ったけど、彼女の淳一を好きっていう気持ちと、そしてその気持ちの強さ。まるで淳一を諭すかのような彼女の言葉は、それこそ本当の意味で「強さ」が無いと出来ない振る舞いだよね。今の淳一には、百合香みたいな人の支えが必要なんだと思う。

しかし、千太郎[ CV:細谷佳正 ]の方はなぁ・・。あのタイミングでは淳一の家には絶対行っちゃダメって思ってたけど、案の定。まぁ普通に服を着て座っていただけでも、まだマシだったと思うべきだろうか。

加えて律子[ CV:南里侑香 ]の気持ちが揺れてる時に、[ CV:木村良平 ]のあの言葉。どうしてこうもすれ違ってしまうんだろう。

坂道のアポロン(@フジテレビ) / アニメーション制作:MAPPA/手塚プロダクション

|

« ZETMAN(第9話) | トップページ | つり球(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54866052

この記事へのトラックバック一覧です: 坂道のアポロン(第8話):

« ZETMAN(第9話) | トップページ | つり球(第8話) »