« 黒子のバスケ(第8話) | トップページ | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド(第9話) »

ヨルムンガンド(第8話)

ココ[ CV:伊藤静 ]を追い込んだ女、トロホブスキー[ CV:高島雅羅 ]。そしてココを本気にさせた女、トロホブスキー。果たしてどちらの表現が正しいのか。俺は後者だと思うね。

トロホブスキーが"元女優"って肩書きを持っていたところが、今回のエピソードをより面白く、興味深い物にしてくれた。ココの前で自分を演じ続けたトロホブスキーに対して、ココは彼女の前では決していつもの自分を変えようとしなかった。結局は演じることでしか生き抜いていけない、トロホブスキーの負けだと解釈したい。

とは言え、ココがちょっとどころでは無く焦っていたのも事実だろう。あそこまで身体をよじらせて苦悶するココなんて、滅多に見られるもんじゃない。同性だからってことはないだろうけど、「やりにくい」と言っていたココの言葉は、たぶん本心からの物だろうな。

そんなメインのエピソードに対して、サブエピソードとでも言おうか、ルツ[ CV:羽多野渉 ]ヨナ[ CV:田村睦心 ]の山特訓。最後はルツが狙撃で決めてみせるあたり、実に格好いいじゃないですか。

ヨルムンガンド(@TOKYO MX) / アニメーション制作:WHITE FOX

|

« 黒子のバスケ(第8話) | トップページ | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54862908

この記事へのトラックバック一覧です: ヨルムンガンド(第8話):

« 黒子のバスケ(第8話) | トップページ | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド(第9話) »