« 謎の彼女X(第9話) | トップページ | 緋色の欠片(第10話) »

機動戦士ガンダムAGE(第34話)

キオ[ CV:山本和臣 ]がXラウンダーの力で感じたそのシルエット、そしてその髪の毛の色。まさかね?いや、流石にそれは無いだろ。俺の中では強制否定モードだったんだけど。こんな形でキオとフリット[ CV:井上和彦 ]、そしてアセム[ CV:鳥海浩輔 ]が同じ戦場で顔を合わせる事になるとは。

アセムが死んではいないだろうとは思っていたけれど、まさか"海賊"をやっているとは。その実、「ヴェイガンと通じている連邦艦隊を排除する」という、影の掃除屋とでも言っておこうか。確かに、ここで単なる軍人としてのアセムよりも、こういう破天荒な人生の方が、良いのかも。これは完全にウルフ[ CV:小野大輔 ]の影響のような気がする。

雰囲気的に、まさかこの戦いでキオを庇って命を落とすような事は無いだろうかと、かなり心配だったけど、今回は無事に戦線離脱で一安心。俺としては、キオとアセム、そしてフリットの家族の再会を是非とも見てみたいし、キオがこれまでにどんな人生を歩んできたのかを、凄く見てみたい。

ここでもまた、「世代」という作品のテーマが良い具合に生きてきてるな。

機動戦士ガンダムAGE(@TBS) / アニメーション制作:サンライズ

|

« 謎の彼女X(第9話) | トップページ | 緋色の欠片(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54878326

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダムAGE(第34話):

« 謎の彼女X(第9話) | トップページ | 緋色の欠片(第10話) »