« 謎の彼女X(第10話) | トップページ | 緋色の欠片(第11話) »

機動戦士ガンダムAGE(第35話)

呪われた箱・・・じゃなくて、秘宝。EXA-DBか。聞いた瞬間、かなりの数の人が「ラプラスの箱か?」と思ったに違いない。そちらはまだ何なのか分かってない(まだ5巻見られてない・・)のに、EXA-DBの方は随分とあっさり、アセム[ CV:鳥海浩輔 ]ゼハート[ CV:神谷浩史 ]の口から明らかになった。

しかしこれが、この戦争の大きな転機になったことは確かだ。結局の所、今までは「地球連邦がヴェイガンを殲滅」するか、「ヴェイガンが地球を支配下に置く」ことでしか、終結の目が無いと思われていたこの戦いが、力の均衡状態による収束っていう可能性が見えてきたんだから。

となると、問題はそのEXA-DBを誰が手にするのか。破壊してしまったとすると、おそらく今とあんまり状況が変わらないか、ヴェイガンにジリジリと地球連邦が押される展開が続くはず。となれば地球連邦が手にする事が望ましいか?

でもなぁ、今のフリット[ CV:井上和彦 ]がそれを持ってしまったら、それこそさらに戦火を拡大させそうな雰囲気。これは難しい選択になりそうだ。

機動戦士ガンダムAGE(@TBS) / アニメーション制作:サンライズ

|

« 謎の彼女X(第10話) | トップページ | 緋色の欠片(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54938952

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダムAGE(第35話):

« 謎の彼女X(第10話) | トップページ | 緋色の欠片(第11話) »