« 緋色の欠片(第12話) | トップページ | 氷菓(第9話) »

AKB0048(第8話)

自分の夢を叶える。何かの頂点を目指すってことは、つまり競争を勝ち抜いていくことだし、それって綺麗事だけじゃ語れない。その点、ゆうこ[ CV:神田朱美 ]たかみな[ CV:白石涼子 ]に言った言葉は、正しいと俺は思う。

そう分かっていてもだ。結局のところ、「正論」だけで全てが成り立ってるわけじゃ無いし、「言ってる事が正しいのは分かるけど、そう単純に割り切れるなら苦労はしないっての!」と思う事は、仕事にしても何にしても日常茶飯事(笑)。そんな自分の日常と知らず知らずのうちに重ねている今回のエピソード。

あとは彼方[ CV:石田晴香 ]が、自分のあこがれであり目標であるたかみなを、自らの手でその座から引きずり下ろすという現実を、果たしてどう受け止められるか。俺は彼方だったら、決してひるまずに堂々と襲名してくれるんじゃないか?って思いたいし、彼女のキャラクターからして、そうあって欲しいと思う。

それが一番、彼方らしい格好良さだと思うし、襲名メンバーに選ばれるにふさわしい素質だと思う。

AKB0048(@TVK) / アニメーション制作:サテライト

|

« 緋色の欠片(第12話) | トップページ | 氷菓(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54998993

この記事へのトラックバック一覧です: AKB0048(第8話):

« 緋色の欠片(第12話) | トップページ | 氷菓(第9話) »