« トータル・イクリプス(第4話) | トップページ | 薄桜鬼 黎明録(第3話) »

黒子のバスケ(第16話)

単なる賑やかしかと思ったけど、さつき[ CV:折笠富美子 ]の分析能力、恐るべし。いや、たとえさつきのそれが無かったとしても、ここまでの展開を考えるなら、誠凜が桐皇をリードできていたとはちょっと考えにくい。まだ青峰[ CV:諏訪部順一 ]が出てきてないのに。

その青峰が到着してしまったことで、どう見ても戦況は誠凜に不利。しかしなぁ、今まで寝てたはずなのにウォーミングアップとか、そういうの一切無しでいきなり試合に入りそうな雰囲気なんだよね、青峰。汗だくな上に、足が完治してない大我[ CV:小野友樹 ]に、ホントに勝ち目はあるのか?

桐皇の弱点は、おそらく「個人プレー」に頼っていることにあると思うから、そこは当然、大我と黒子[ CV:小野賢章 ]を中心に、なるべく多くの人数でディフェンスに入って、そして多くの人数で攻めれば・・・って、そりゃ言うのは簡単だけどねぇ。流石に誠凜も、今回はどうしようもないんじゃないのか?

黒子のバスケ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:プロダクション I.G

|

« トータル・イクリプス(第4話) | トップページ | 薄桜鬼 黎明録(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55279967

この記事へのトラックバック一覧です: 黒子のバスケ(第16話):

» サマーレスキュー&黒子のバスケ [スポーツ瓦版]
7月25日 サマーレスキュー&黒子のバスケ アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブロ ... [続きを読む]

受信: 2012年7月26日 (木) 19時58分

« トータル・イクリプス(第4話) | トップページ | 薄桜鬼 黎明録(第3話) »