« アルカナ・ファミリア(第4話) | トップページ | 人類は衰退しました(第4話) »

境界線上のホライゾンⅡ(第3話)

戦いは肉弾戦ばかりじゃない。たまにはこういう頭脳戦があっても良いよね。英国が武蔵に「協力」って言うから、まさか一緒に戦ってくれとでも言い出すんじゃないかと。しかしそれでは当然ながら、"歴史の再現"にはならないわけで、どう出てくるかと思いきや、チャールズ[ CV:成田剣 ]の土下座炸裂!

今回の頭脳戦、何が良かったかと言えば丁寧に武蔵の置かれた状況と英国の置かれた状況を、ハイディ[ CV:名塚佳織 ]たちが"解説"してくれたこと。なんだよ、お前がストーリーを理解出来てないだけじゃんと言われれば、まさにその通りなんだけども。だけど今回のエピソードのおかげで、ベルトーニ[ CV:子安武人 ]のキャラはもう覚えたぞ。

そんな武蔵の交渉とは別に、傷有り[ CV:堀江由衣 ]との密会(?)を重ねる点蔵[ CV:小野大輔 ]。彼女自身が「メアリ」その人なのか?まぁ普通に何も分からない俺が想像すると、そういう結論に行き着くわけだけど。

ところで、あの「取れたて刺身のカレーがけ」は、ホントに武蔵で食うのか?いや、食わないだろあれは・・。

境界線上のホライゾンⅡ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

|

« アルカナ・ファミリア(第4話) | トップページ | 人類は衰退しました(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55273360

この記事へのトラックバック一覧です: 境界線上のホライゾンⅡ(第3話):

« アルカナ・ファミリア(第4話) | トップページ | 人類は衰退しました(第4話) »