« だから僕は、Hができない。(第3話) | トップページ | アクセル・ワールド(第15話) »

夏雪ランデブー(第3話)

亮介[ CV:中村悠一 ]の持ってきた花やしきの入場券。新聞勧誘のおっちゃんにもらった?まぁそんなわけが無いよな。ミホ[ CV:冬馬由美 ]から見せられたあの写真。あの六花[ CV:大原さやか ]の笑顔は、やはり亮介の心に深く刻まれたようだ。

それでも、病床の六花が思い出すのは・・・[ CV:福山潤 ]との思い出?だけど、そのきっかけは亮介の「2番手でも良い」って言葉なわけで。今まさに、六花の心は"揺れてる"状態かな。だけど、涙と共につぶやいた「会いたい」って言葉は、間違いなく彼女の本心だろう。

じゃあ六花の笑顔を見たいがために、亮介が篤に身体を貸すのか?いやいや、流石にそれは無いか。今の篤に、もしできたとして、身体を貸したりしたら、たぶん亮介が警戒しているとおり、二度と返ってこないと思う。篤にとって、そのくらいの嘘は六花に触れて、そして話をして、自分の気持ちを伝えることができるんだったら、どうってことないはずだ。

夏雪ランデブー(@フジテレビ) / アニメーション制作:動画工房

|

« だから僕は、Hができない。(第3話) | トップページ | アクセル・ワールド(第15話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55245692

この記事へのトラックバック一覧です: 夏雪ランデブー(第3話):

« だから僕は、Hができない。(第3話) | トップページ | アクセル・ワールド(第15話) »