« TARI TARI(第4話) | トップページ | 境界線上のホライゾンⅡ(第3話) »

アルカナ・ファミリア(第4話)

リベルタ[ CV:福山潤 ]の過去が明らかになるのは、もう少し先かと思ったけれど、意外と早く、それもフェリチータ[ CV:能登麻美子 ]の知るところとなったようだ。

何となくリベルタが自分のアルカナ能力に対してのトラウマを持っているんだろうなってことは、これまでも断片的に見えていたリベルタの回想で想像はついていた。しかしそのトラウマを封じこめていたのが、ダンテ[ CV:小杉十郎太 ]だダンテ・・・。(どうしても書きたくて我慢ができず、やってしまった。)

今も傍目には「仲良し組」には見えないアルカナ・ファミリアだけど、こうやって内部の関係が少しずつギクシャクしてくると、難しい立場になるのはフェリチータなんだよね。誰の味方をするってわけにもいかないし、「大切に守られている存在」であるうちは、誰もフェリチータに本気で相談なんてしてこないだろうし・・。

フェリチータにとっては、なかなかに厳しいハードルになるんじゃないだろうか。

アルカナ・ファミリア(@TVK) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« TARI TARI(第4話) | トップページ | 境界線上のホライゾンⅡ(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55266277

この記事へのトラックバック一覧です: アルカナ・ファミリア(第4話):

« TARI TARI(第4話) | トップページ | 境界線上のホライゾンⅡ(第3話) »