« 人類は衰退しました(第8話) | トップページ | 戦国コレクション(第20話) »

氷菓(第18話)

"小木"という中学時代の教師を出発点にした、日常のようでいつもとはちょっと違う奉太郎[ CV:中村悠一 ]の1日。これがこの先のストーリーの伏線になっているとしたら、それは大したもんだけど、そうじゃなければ俺にはちょっと退屈なエピソード。

小木がどうしてヘリコプターを見て、窓へ駆け寄ったのか?その理由は、おそらく多くの人が新聞の記事検索の時点でピンとくるはず。まぁ敢えてそう分かるように作ってある、というべきか。当然、俺もその思惑にハマッたわけで。

これまでの氷菓だと、例えばあの映画だったり、十文字事件だったり、さらにその裏があったんだけど、今回はそんな事も無く。1話完結のショートストーリーであれば、まぁこれが限界か。確かに奉太郎とえる[ CV:佐藤聡美 ]が、ちょっと進展した?と思わせるような、そんなえるの素振りはあったんだけどね。

さて、次回以降、この二人はどうなるんだろう。

氷菓(@テレ玉) / アニメーション制作:京都アニメーション

|

« 人類は衰退しました(第8話) | トップページ | 戦国コレクション(第20話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55471915

この記事へのトラックバック一覧です: 氷菓(第18話):

» 2012年02クール 新作アニメ 氷果 第18話 雑感 [妖精帝國 臣民コンソーシアム]
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第18話 「連峰は晴れているか」 #kotenbu2012 #ep18 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽しみ...... [続きを読む]

受信: 2012年8月21日 (火) 22時42分

« 人類は衰退しました(第8話) | トップページ | 戦国コレクション(第20話) »