« 境界線上のホライゾンⅡ(第5話) | トップページ | 氷菓(第16話) »

人類は衰退しました(第6話)

一応、あらかじめ宣言することで免罪符にさせてもらいます。たぶん俺のおつむでは理解出来ない高尚なエピソードだったに違いない。そう信じておきたい。その上で敢えて言う。5話からこの6話にかけてのエピソード、意味がよく分からないんですが・・。

「里帰り」を果たした衛星、ボイジャーとパイオニア。その役回りであるところのP子[ CV:水樹奈々 ]O太郎[ CV:檜山修之 ]がなにやら激しいバトルを繰り広げ、そして最期は手回し発電機能のついた、モノリスに。

まぁこれはおそらく、原作が好きで原作のエピソードを知っている人向けの、エピソードなんだろうな。そう理解しておく。結果としてわたし[ CV:中原麻衣 ]の髪の毛が短くなって、そして1話に戻ったようだけど、この次はどの時間軸のエピソードになるんだ?

人類は衰退しました(@TVK) / アニメーション制作:AIC ASTA

|

« 境界線上のホライゾンⅡ(第5話) | トップページ | 氷菓(第16話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55367872

この記事へのトラックバック一覧です: 人類は衰退しました(第6話):

« 境界線上のホライゾンⅡ(第5話) | トップページ | 氷菓(第16話) »