« 織田信奈の野望(第5話) | トップページ | アルカナ・ファミリア(第6話) »

トータル・イクリプス(第6話)

固く閉ざされているように見えた唯依[ CV:中原麻衣 ]の心が、ほんの少しだけ見えたような気がした。状況が状況とは言え、あそこまで「人間らしい」唯依を見たのは、本当に久しぶりのような気がする。

しかしアレだけ日本人を嫌っていたユウヤ[ CV:小野大輔 ]だけど、ここで唯依を見捨てないところがやっぱりユウヤなんだよな。それこそ、動けないのを良いことに唯依を痛めつけることだって出来るわけで。しかも普段の訓練ではあれだけボロクソ言われて、唯依への反骨心は相当なもののはず。

とは言え、唯依の方もそれこそいつもと違って、なにやら妙にユウヤを意識しているご様子。まぁだからといって、すぐに恋だの愛だのって感じじゃないけれど、やっぱり普段の自分をあれだけ"演じている"わけで、今回はちょっと素の部分が出てきちゃった感じだ。

さぁ、それじゃあクリスカ[ CV:生天目仁美 ]のユウヤへの興味は?こちらもやっぱり、恋だの愛だのとは違うような雰囲気だよな。そもそも、彼女の体調不良の理由は?

トータル・イクリプス(@テレビ東京) / アニメーション制作:xixtl × サテライト

|

« 織田信奈の野望(第5話) | トップページ | アルカナ・ファミリア(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55374876

この記事へのトラックバック一覧です: トータル・イクリプス(第6話):

« 織田信奈の野望(第5話) | トップページ | アルカナ・ファミリア(第6話) »