« ゆるゆり♪♪(第7話) | トップページ | 黒子のバスケ(第19話) »

トータル・イクリプス(第7話)

日本での事件の後、唯依[ CV:中原麻衣 ]は感情を殺してでも任務にこだわる、冷酷な女になってしまったかと思ったんだけど、いやいやどうして。まだまだ"女の子"な部分もたくさんあるじゃないですか。ユウヤ[ CV:小野大輔 ]のツッコミにオドオドしてる唯依が新鮮だ。

一方でクリスカ[ CV:生天目仁美 ]の方は、それこそ人間らしい感情を殺してでも戦うことに徹した"戦士"のイメージそのものだ。彼女の話から察するに、それは作られた人格と言って差し支えないだろう。彼女の海に対する異様なまでの恐怖感は、その副作用なのかもしれない。

ここへきて、ようやく人間らしい感情がぶつかるエピソードがあって、それによって少しずつアルゴス試験小隊の結束も高まってきたか?とは言え、仲間意識が芽生えるほど怖いのは、それを完膚なきまでに破壊してくれるBETAの存在だ。むしろ今までのように、冷酷な態度のままの方が良かったと思える時が来なければ良いけど・・。

トータル・イクリプス(@テレビ東京) / アニメーション制作:xixtl × サテライト

|

« ゆるゆり♪♪(第7話) | トップページ | 黒子のバスケ(第19話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55425668

この記事へのトラックバック一覧です: トータル・イクリプス(第7話):

« ゆるゆり♪♪(第7話) | トップページ | 黒子のバスケ(第19話) »