« はぐれ勇者の鬼畜美学(第8話) | トップページ | アクセル・ワールド(第20話) »

夏雪ランデブー(第8話)

やっと亮介[ CV:中村悠一 ]が目を覚ましたか!もしあのまま六花[ CV:大原さやか ]の容姿をした何かと一緒に[ CV:福山潤 ]を待ち続けても、たぶん自分の身体は二度と帰ってこなかっただろうな。

その篤は、自分の遺品を全て持ち出し、果ては亮介の容姿で現金を下ろし(これはたぶん後で大変な事になる)、何処かの山に登ろうとしている?その目的は、六花に自分の事を忘れさせるつもりなのか、それともそのスケッチブックに書き続けている"作品"を完成させることなのか。

普通なら六花が亮介(篤)の居場所が分かるわけ無いんだけど、今の六花はたぶん良い具合に混乱している。まさに六花の言った言葉通り、「誰だか分からないけど、好きな人を追いかけている」状態。それが花のアレンジだったり、無くなった植木鉢だったりと、直接見えないもんだから尚更。

今度六花が亮介と会うときは、果たして中身はどっちだろう。

夏雪ランデブー(@フジテレビ) / アニメーション制作:動画工房

|

« はぐれ勇者の鬼畜美学(第8話) | トップページ | アクセル・ワールド(第20話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55500171

この記事へのトラックバック一覧です: 夏雪ランデブー(第8話):

« はぐれ勇者の鬼畜美学(第8話) | トップページ | アクセル・ワールド(第20話) »