« はぐれ勇者の鬼畜美学(第11話) | トップページ | アクセル・ワールド(第23話) »

夏雪ランデブー(最終話:第11話)

▼最終話
エピローグとも言うべき最後の締め。一気に時間が流れて、しばらくの間、置いてけぼりを食らってしまった。しかも亮介[ CV:中村悠一 ]六花[ CV:大原さやか ]の言葉はないまま。

[ CV:福山潤 ]が自由に街中を飛び回っているってことは、彼をあの店に縛り付けていた物が消えたって事。それが何かは、言わずもがな。それでも、まだ亮介には篤が見えてるのかな?いやいや、その前に亮介と六花のプロポーズの場面は?

いろいろ知りたいことは山ほどあるんだけど、でもそれは「はい、こうなりました」と見せられるよりも、おそらくこれまでの彼らの振る舞いから、「きっとこんなだったんだろうな」と想像するのも、きっと楽しい。そしてこの作品は、それを楽しめるだけの素材を最後にたくさん用意してくれたんだと思う。

▼異端のラブストーリー
これは俺の勝手な感想だけど、普通に亮介と六花の、2人の恋の物語の作品だったとしても、十分に面白かったと思う。まぁ何の障害も無く2人がただくっつくだけのストーリーじゃあどうかとも思うけど、それでも敢えて"幽霊"を登場させているところが、とにかく異端だ。

とは言え、篤が幽霊だっていう事実は、時折ふっと頭の中から消えてるんだよね。"決して実ることのない恋"と向き合っている青年。そんな設定に勝手に置き換えちゃってる。フィクションらしい、そしてアニメだからこそのストーリーだと思うけれど、俺はそんなに違和感なく受け入れられたかな。

▼登場人物をじっくりと
亮介と六花、そして篤。ミホ[ CV:冬馬由美 ]オフィシャルサイトでは"キャラクター"としてカウントされているけれど、恋愛模様には絡まないので実質3人だよね。

最初から最後まで、とにかくこの3人の心情描写を掘り下げているだけあって、はまる人にはとにかくどっぷりと作品の世界観に浸れる。俺は基本的に亮介の視点で見ていたんだけど、それでも生前の篤と六花のエピソードとか、思わずグッと来ちゃう。誰の気持ちにも正解はないが故、俺も一緒に頭を悩ませていた。

▼違和感の無い映像
アニメの場合、どうしても背景とかプロップ(小物)とかの描写が非現実的すぎて気になったり、誇張された人間の表現が時に行きすぎだったりすることも多々ある。この作品にはそれがない。

個性のない映像という言い方もあるかもしれないけど、俺はむしろ「出しゃばらない映像」だと思うね。つまりこの作品のストーリーやキャラクターを最大限に引き立たせる作画がどういうものか?それをちゃんと理解した上で、丁寧に映像化した作品だと思う。

夏雪ランデブー(@フジテレビ) / アニメーション制作:動画工房

|

« はぐれ勇者の鬼畜美学(第11話) | トップページ | アクセル・ワールド(第23話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55658369

この記事へのトラックバック一覧です: 夏雪ランデブー(最終話:第11話):

» 幽霊な三角関係、 [笑う社会人の生活]
アニメ「夏雪ランデブー」を見ました。 フジにて 木曜深夜にやってました おなじみノイタミナ枠です 花屋でバイトしている葉月、店長の六花、六花の病死した夫 篤 彼らの三角関係、恋模様 まったくの予備知識なく見始めましたが そんな展開になるとは・・・ という! ...... [続きを読む]

受信: 2012年9月28日 (金) 20時45分

« はぐれ勇者の鬼畜美学(第11話) | トップページ | アクセル・ワールド(第23話) »