« 恋と選挙とチョコレート(最終話:第12話) | トップページ | カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~(最終話:第13話) »

この中に1人、妹がいる!(最終話:第12話)

▼最終話
もしかして「実はこの中には妹はいませんでした」なんてオチを付けてくるんじゃないかと心配だったけれど、それは杞憂に終わったか。[ CV:佐倉綾音 ]心乃枝[ CV:石原夏織 ]のどちらかが本当の妹じゃないかと睨んでいたけど、雅の回想から最終話が始まったところで、当確ランプ点灯だったな。

しかしどうやら将悟[ CV:櫻井孝宏 ]は少し前から気づいていたみたいだし、芽依[ CV:日高里菜 ]なんかは随分前から分かっていたみたい。そうなると途端に柚璃奈[ CV:小倉唯 ]に同情してくなるのが人情ってもんだ。

雅が妹だと分かっても、心乃枝や凜香[ CV:竹達彩奈 ]は相変わらずの肉食系でちょっと安心した(笑)。妹が見つかっちゃうと、ストーリーとしてはそこで燃え尽きちゃうんじゃないかと思っていたけど、むしろこの終わり方がちょうど良いのかも。

▼妹がいた!
思わせぶりなタイトルで、実は妹は全然違うところにいたりとか、最初から出てきてなかったりするんじゃないかと邪推してたけど、ちゃんといたんだなぁ。

しかし惜しむべきは、将悟が随分と真面目過ぎたおかげで、「妹かもしれない女の子と、こんなことまで・・」みたいなことは一切無く、「妹かもしれないから、絶対ダメ!」というかなりのしっかり者だったこと。肉食系な妹候補たちに比べて、なんとまぁ大人しい。

作品のタイトルからして、キャラクターありきの作品と思っていたけれど、そういうモヤモヤした感覚も含めて、ストーリーも十分の楽しめたと思う。この寸止め感はちょっとクセになるかも(笑)。

▼とにかく肉食!
最終話の感想にも何回も書いたけど、心乃枝に雅、特にこの2人がまぁ実に積極的で。心乃枝なんか最後は「私のイチゴも・・」とか、どさくさに紛れて凄い事言ってましたよ。

最近はヒロインがイケイケで主人公がタジタジ・・みたいなお約束もかなり減ってきたと思うんだけど、そんな中でこの作品は、その奇抜なタイトルとは違ってラブコメの王道。そんな王道キャラクターたちの中でのお気に入りは、愛菜[ CV:大亀あすか ]!彼女の脳天気な性格は、ちょっとシリアスが入る事もあるストーリーの中で、まさに癒しそのもの!

最終話はほとんど活躍の機会が無かったのが残念だ。

▼思わず赤面する
ラブコメの作画の絶対条件、それは女の子がとにかく可愛いこと。そしてそのバランスは絶対に崩しちゃいけない。全体的な動きじゃなくて、女の子の表情とか仕草。それが何よりも重要。

そう力説したところで、この作品はどうだったか?はっきり言って、心乃枝とかの仕草や表情には、思わずこっちが照れちゃうくらいの破壊力があったんだよね。これはセリフだけじゃなくて、やっぱり作画のパワーだと思う。つまり作画のクオリティとしては、文句なしだ。

この中に1人、妹がいる!(@TBS) / アニメーション制作:Studio五組

|

« 恋と選挙とチョコレート(最終話:第12話) | トップページ | カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~(最終話:第13話) »

コメント

まだ漫画しか読んでないのですが、
このサイトみてたらアニメもみたくなってしまいました^^

投稿: みつぐ | 2012年10月23日 (火) 21時42分

コメントありがとうございます。
ラブコメとしてなかなか面白かったですよ。
映像も綺麗だったし、アニメで見る価値は十分あると思います。

投稿: dr.ume | 2012年10月24日 (水) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55782146

この記事へのトラックバック一覧です: この中に1人、妹がいる!(最終話:第12話):

« 恋と選挙とチョコレート(最終話:第12話) | トップページ | カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~(最終話:第13話) »