« 織田信奈の野望(第11話) | トップページ | 氷菓(最終話:第22話) »

アルカナ・ファミリア(最終話:第12話)

▼最終話
あれよあれよという間に進行する、アルカナデュエロ。流石に最終話に全部を詰め込むにはボリュームが多かったような気もするけど、なるほどそういう決着になった訳か。

リベルタ[ CV:福山潤 ]ノヴァ[ CV:代永翼 ]フェリチータ[ CV:能登麻美子 ]への挑戦を賭けて戦っている時、「これは絶対にどっちかが勝つしかないよな?」と勝手に解釈していた。

だけど"恋人たち"のタロッコが示す恋とは、そういう意味じゃなかったってことだよね。フェリチータもそれに気づいたからこそ、モンド[ CV:立木文彦 ]にも勝つことができ、そしてモンドの運命の輪も動かすことができた。

あらゆる面で上手くお茶を濁された感がしなくもないけれど、こういうストーリーの〆はラブコメ系の作品では1つのお約束だし、これで完成形だと思う。2期も出来そうな気がするけど、どうだろ?

▼テンポの良いストーリー
ゲーム原作だけあって、1つのイベントが終わるとすぐに次のイベント。そのイベントが、「最終的に、フェリチータは誰を選ぶのか?」っていう大きなストーリーに少しずつリンクしてる感じで、飽きが来ないよね。それ故に、複雑な世界観とか時代設定みたいな物を期待すると、肩すかしを食らう。

乙女ゲー原作ではあるけれど、必要以上に男がクドくないし、男の俺が見ても1つの作品として十分に見られるレベルの出来にはなってる。だけどたぶん、男が見るときってどうしてもストーリーだけじゃなくて、作品の世界観を俯瞰して、その緻密さに感激したりするところがあると思うんだよね。何度も言うけど、そういう面には期待しちゃダメ。

▼イケメン大集合
少年タイプのリベルタの之ノヴァに始まり、執事やら錬金術師やら、ことファンタジーの世界観におけるイケメンの典型を各種おとり揃え。これだけのタイプがいると、みんなやっぱりお気に入りのキャラクターを見つけて楽しめるんかな?

これが恋愛ADV原作だったりすると、特定のヒロインをお気に入りにして見るんだけど、流石に俺が見るとなるとフェリチータしかいないからなぁ。たぶんそこが男がこの作品を見る場合の決定的なポイントだな。フェリチータが好きになれないと、たぶんこの作品は楽しめないと思う。

▼華やかな作画
アルカナ・ファミリアの面々は、禁本的に黒いスーツを着てるせいか、止まってる画だけを見ると、随分と地味な印象。それがどうして、アニメとして動いている画面からは、その地味さは全く出てない。キャラクターの豊かな表情とか、バトルの派手なアクションが、それを帳消しにしてくれた。

アルカナ・ファミリア(@TVK) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« 織田信奈の野望(第11話) | トップページ | 氷菓(最終話:第22話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55684769

この記事へのトラックバック一覧です: アルカナ・ファミリア(最終話:第12話):

« 織田信奈の野望(第11話) | トップページ | 氷菓(最終話:第22話) »