« 黒子のバスケ(最終話:第25話) | トップページ | 貧乏神が!(最終話:第13話) »

薄桜鬼 黎明録(最終話:第12話)

▼最終話
こうして芹沢[ CV:中田譲治 ]の死に様を見せられると、やっぱりこの作品は芹沢という男が全てにおいて中心にいたことを、改めて思い知らされる。そしてエンディングは、龍之介[ CV:関智一 ]千鶴[ CV:桑島法子 ]のすれ違い―。

無性に薄桜鬼の第1期が見たくなる。改めて、この作品の面白さと奥深さを感じた場面だよね。いや、もちろん史実を題材にしてるって事は分かった上で。あの新撰組の結束と強さの裏には、こんな過去があったっていう事実。土方[ CV:三木眞一郎 ]沖田[ CV:森久保祥太郎 ]の、新撰組にかける思い。

この最終話を見ていたら、そういうこの作品に詰まったいろいろな物が頭に浮かんできて、ものすごく満たされた気分になった。そしてそれと同時に、やがて破滅へと向かっていく虚しさも。だけどそれでも、彼らは芹沢や龍之介同様に、生きる事を選択する。その選択の重さがひしひしと伝わってくる。

ところで、龍之介はあの後、どうなったんだろうか。

▼密度の濃いストーリー
原作がいわゆる「乙女ゲー」であり、作品としては女性ターゲット。だけどそれに騙されちゃいけない。今作は龍之介が一応の主人公という事もあって、より一段と性別不問の構成になっていると思う。

なんと言っても、男の俺が見ても土方とか斎藤[ CV:鳥海浩輔 ]って、めちゃくちゃ格好いいんだよね。決して筋を曲げない、だけどその内に秘めているのは優しさといたわり。こういう振る舞いは、心の余裕と真の強さがないと到底できない。人間として、素直に凄いと思える。

▼最後まで芹沢は芹沢
最終話でもそうだったように、やっぱり黎明録は新撰組の黎明の物語であると同時に、その新撰組のために最後まで生き抜こうとした芹沢という男の物語だったと思う。

正直、この男を好きになれって言われても無理だと思う。なんだけど、彼の言うことはこの作品の時代背景においては、必ずしも間違っているわけじゃない。その横暴な振る舞いですら、正しいと思わせる芹沢の強い信念があった。こういう人間くさいキャラクターのドラマは、やっぱり見てて熱が入るよね。

▼汎用的な絵柄
ストーリー同様、作画についても特に「男性向け」「女性向け」という性差を意識しない、ごくごく一般的なアニメの画。特にアニヲタに媚びるような描写もないし、腐った方向けのBL展開もない。だからこそ、安心してじっくりとストーリーを楽しめたのかもしれない。

1期以降の新撰組と違って、意外と殺陣の場面も多くなくて、どちらかというと大人しい雰囲気。それでも、ここぞ時の土方や斎藤の技には、やっぱりキレと迫力があったな。

薄桜鬼 黎明録(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 黒子のバスケ(最終話:第25話) | トップページ | 貧乏神が!(最終話:第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55767966

この記事へのトラックバック一覧です: 薄桜鬼 黎明録(最終話:第12話):

« 黒子のバスケ(最終話:第25話) | トップページ | 貧乏神が!(最終話:第13話) »