« 戦国コレクション(第25話) | トップページ | アクセル・ワールド(最終話:第24話) »

はぐれ勇者の鬼畜美学(最終話:第12話)

▼最終話
暁月[ CV:岡本信彦 ]がアレイザードに戻るぞ~という煽りを入れ、そして黒幕はフィル[ CV:杉山紀章 ]みたいな小者じゃないぞという、広がりを臭わせつつ。

これって当然のように「第2期へ続く」って事なんだろうか。地球における暁月と美兎[ CV:日笠陽子 ]の物語が、こうして再びアレイザードに戻っていく。作品としては綺麗にまとまったと思うけど、原作を知らないが故なのか、消化不良という印象の方が俺は強かったかなぁ。

フィルとの戦いもそうだし、とりあえずの締めに向かって随分とストーリーが駆け足になっちゃった感じ。原作ファンの人だと「ここからがいよいよ面白くなる!」と言うのかもしれないけど、その前置きとしてはちょっといかがなもんかと思う。

▼タイトル負け
振り返ってみれば、冒険はしないものの、作品のテーマはRPGの王道である"愛"なんでしょ?暁月と美兎っていう2人のキャラクター、そしてそれぞれの置かれた立場。それを越えた2人の心の繋がりが、この作品の見せ場のはずだ。

暁月がはぐれ勇者なのは分かったけど、"鬼畜美学"なんてタイトル付けるなら、もっとアウトローな存在じゃないと。時々思い出したように、美兎に「鬼畜~!」と言わせるだけでお茶を濁すくらいなら、もっと普通なタイトルにすれば良いのに。タイトルから「何かあるぞ!」という普通じゃない期待を持たせた割には、普通のストーリーすぎてがっかりだ。

▼キャラクターの魅力はいずこへ
美兎の「ガリウス[ CV:森川智之 ](魔王)の娘」という設定にしても、暁月の「アレイザードを救った勇者」という設定にしても、結局のところ最後まで活きてこない。

貴族の王子と平民の娘、位の意味づけにしか見えない。千影[ CV:植田佳奈 ]葛葉[ CV:花澤香菜 ]も、全くといって良いほど存在感がない。唯一、[ CV:井上麻里奈 ]が目立ってたくらいか?

▼俺の好みでは無い絵柄
「とにかく巨乳」のキャラデザ、俺はもうお腹いっぱいだわ。この作品の場合、巨乳を通り越して巨漢と言いたくなるような、太めのキャラデザと作画の回もあって、もうちょっとどうにかならんの?バトルシーンはなかなか頑張ってたと思うけど、その反動か、日常のシーンは常に違和感だらけだった。

はぐれ勇者の鬼畜美学(@AT-X! HD) / アニメーション制作:アームス

|

« 戦国コレクション(第25話) | トップページ | アクセル・ワールド(最終話:第24話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55732245

この記事へのトラックバック一覧です: はぐれ勇者の鬼畜美学(最終話:第12話):

« 戦国コレクション(第25話) | トップページ | アクセル・ワールド(最終話:第24話) »