« ココロコネクト(第12話) | トップページ | 織田信奈の野望(最終話:第12話) »

境界線上のホライゾンⅡ(第12話)

三征西班牙(トレスエスパニア)の各個撃破作戦に、戦況は五分五分というところか。しかし武蔵としてはそれじゃ困るわけだよな。武蔵が三征西班牙の領空に押しこまれてしまうと、三征西班牙の勝利という解釈になるらしい。となると、武蔵とはしては今の状況を何とか跳ね返したい。

その中でも、やはり特に興味深かったのは二代[ CV:小林ゆう ]立花[ CV:寿美菜子 ]!何よりも、二代が初っぱなから凄い事言ってるんですけど(笑)。え~と、「宗茂[ CV:杉田智和 ]と50回生でセックスして、血が出た」んだっけ?二代は何と勘違いしてるんだ、いったい。

ある意味で夫を侮辱された立花にとって、最後の選択はやむなしってことなんだろうな。彼女の腕は「義手」らしいので、決して二代がその腕を切り落としたわけじゃなくて、戦う意志がないことを示す手段として、立花が自ら外したんだろう。

もう1人、こいつ強いな~と思ったのは隆包[ CV:安元洋貴 ]だ。あのまま戦いが続いていたら、ベルトーニ[ CV:子安武人 ]のカネは絶対に尽きていたと思う。

境界線上のホライゾンⅡ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

|

« ココロコネクト(第12話) | トップページ | 織田信奈の野望(最終話:第12話) »

コメント

二代が言ってるのは一期での宗茂との戦闘のことです。ホライゾン救出作戦は全国にその様子が放送されてたので。
アニメでは自主規制なのか出血描写が抑えめですが、決着の際に蜻蛉切で全身50回ほど貫かれて血が出るわ骨折れるわで現在の病院生活です。

で、二期の焼き肉で例のNGワードについて振られた正純が「深い仲になること」なんて濁したせいでそのままの意味で覚え、
武芸馬鹿の二代は「戦闘で互いを高め合った」→「武人として学ばせてもらい感謝している」→「セックスした仲に御座る」という思考の流れをしたわけです。
本人に悪気は一切ありません。アホの子なだけなんです。

投稿: hm | 2012年9月28日 (金) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55753935

この記事へのトラックバック一覧です: 境界線上のホライゾンⅡ(第12話):

« ココロコネクト(第12話) | トップページ | 織田信奈の野望(最終話:第12話) »