« 境界線上のホライゾンⅡ(第12話) | トップページ | だから僕は、Hができない。(最終話:第12話) »

織田信奈の野望(最終話:第12話)

▼最終話
放送自体は、来週の総集編をもって終了のようだけど、ストーリーとしてはこの12話で完結!とは言え、最後のあの煽りは、どう考えても「2期ありますよ」フラグだよな。ここで終わってしまうのはとっても惜しいだけに、これは楽しみだ。

さて、ストーリーは信奈[ CV:伊藤かな恵 ]良晴[ CV:江口拓也 ]が感動の再会を果たし、めでたしめでたしの予定調和。いやしかし、それがたまらなく良いんだよね~。

良晴が信奈の前に再び姿を見せたときの、あの何とも言えない感慨深い気持ち。半兵衛[ CV:小倉唯 ]の確信に、涙する犬千代[ CV:福圓美里 ]ねね[ CV:北方奈月 ]。良晴もいつの間にかすっかり愛されるキャラになってたってことだ。

▼イロモノかと思いきや・・
戦国武将の女の子化。一昔前ならこのアイデアだけで目を引いたと思うけれど、気がつけばそれほど珍しくない設定に。それ故、「どうせニッチなジャンルの作品だろう」と過小評価していた。

それがどうして。キャラクターもさることながら、この作品、ストーリーも実にしっかりしてる。まぁ「信長」という題材自体、過去にアニメやらゲームやらで散々使い古されていると同時に、見せ場も山のようにあるわけで、ネタには困らないという点は割り引く必要があるけどね。

それでも、史実を上手く活かしつつ、時にはそれとは違う方向にストーリーを向ける。キャラクターとの絡みで、両方が盛り上がるような、実に上手い仕掛けだったと思う。

▼お気に入りは?
俺はやっぱり光秀[ CV:矢作紗友里 ]です!本人の言うとおり、まだキスもしてない信奈と良晴の関係よりも、たぶん裸で抱き合った光秀の方がリード。しかし最初は信奈ラブだった光秀が、いつの間にやらすっかり良晴の方に・・・。

光秀を始めとした「女の子組」はもちろん、この作品は「幼女組」も実に強烈(笑)。犯罪的な意味じゃなくて、OPの4人が同時に映るあのカット。あれは反則的に可愛いよな~。これだけたくさんの女の子が出てくるのに、誰一人埋没してないのが凄い。

元康[ CV:三森すずこ ]のピコピコ動く、たぬき耳も意外と好きだったりする。

▼魅力的なキャラクター
どんなに女の子の性格が魅力的でも、やっぱりアニメーションである以上、画も魅力的じゃないとお話にならない。織田信奈の野望に関して言えば、そのどちらにもケチの付けようがないクオリティ。しかも最初から最後まで、常時このクオリティだったところが凄い。

大抵、途中で力尽きたり、怪しいカットがあったりするもんなんだけど、この画を最後まで維持しつつ、しかもこれがバトルシーンになると激しく動き回る。これは相当に作画にパワーを注いでいた作品だと思う。

織田信奈の野望(@テレビ東京) / アニメーション制作:Studio五組×マッドハウス

|

« 境界線上のホライゾンⅡ(第12話) | トップページ | だから僕は、Hができない。(最終話:第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55753946

この記事へのトラックバック一覧です: 織田信奈の野望(最終話:第12話):

« 境界線上のホライゾンⅡ(第12話) | トップページ | だから僕は、Hができない。(最終話:第12話) »