« この中に1人、妹がいる!(最終話:第12話) | トップページ | DOG DAYS'(最終話:第13話) »

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~(最終話:第13話)

▼最終話
護堂[ CV:松岡禎丞 ]メティス[ CV:石原夏織 ]を退けたことは喜ばしいんだけど、これでおしまいかぁ。何が惜しいって、せっかく護堂のハーレムが完成したのに、肝心のイチャラブな毎日を堪能することなく終わってしまうことだ。

エリカ[ CV:日笠陽子 ]とはもう十分すぎるほどだとは思うんだけど、もったいないのは恵那[ CV:斎藤祐圭 ]なんだよね。俺の好きなタイプのキャラだっただけに、あと1話、後日談があってくれたら。

▼ファンタジー要素よりも
俺は全く詳しくないので詳細は敢えて触れないようにしておくけれど、基本的には古代のヨーロッパ方面の神話とか、そういう物を題材としたファンタジー作品。一応、作中で護堂やエリカがいろいろ解説してくれるんだけど・・・。いや~、俺にはさっぱり分からない(笑)。

そんなわけで、俺にはそちらよりも「ラブコメ」としてのイメージの方が圧倒的に強く残ったかな。しかもキスで自分の知識を護堂に伝えるという、実に羨ましい設定。いや、これがエロゲならもっと大変な事に。そのエロゲもビックリなくらい、キスシーンはベロチュー全開だったけどね。これで「ラブコメじゃなくてファンタジーです!」と言われても、困るわ。

結論からすると、俺は女の子に振り回される護堂が面白かったので、これでOKです。

▼お気に入りを探せ
ラブコメのお約束、自分のヒロイン決め。今回はOPやEDの絵柄や振る舞いから、恵那イチオシだったんだけど、如何せん、登場が遅すぎたなぁ。エリカはわかりやすいタイプのヒロインなんだけど、やっぱりちょっとビッチの気が(笑)。

だからこそ恵那がもっと活躍できそうな続編を期待したいところ。じゃあ登場シーンの多かったエリカと祐理[ CV:花澤香菜 ]だったら?これが実に微妙。どちらも俺の好きなタイプのヒロインとはちょっと違うんだけど、敢えてということならエリカかなぁ。

▼気合いのキスシーン
この作品の作画の印象を問われれば、「キスシーンが凄かった」ってことだ。これまた作品の意図するところと少しずれてる?いやいや、バトルも良かったけれど、印象に残ったのはやっぱりこっちでしょ。

ヒロインを可愛く、という点に置いては、どしても「戦わせる」こと前提のデザインなので、あくまで並ってところかな。

|

« この中に1人、妹がいる!(最終話:第12話) | トップページ | DOG DAYS'(最終話:第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55782153

この記事へのトラックバック一覧です: カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~(最終話:第13話):

« この中に1人、妹がいる!(最終話:第12話) | トップページ | DOG DAYS'(最終話:第13話) »