« 薄桜鬼 黎明録(最終話:第12話) | トップページ | 恋と選挙とチョコレート(最終話:第12話) »

貧乏神が!(最終話:第13話)

▼最終話
熊谷の反応を見ていると、明らかに紅葉[ CV:内山夕実 ]がヤバい雰囲気。しかしその実体は、「もうすぐ貧乏神の紅葉が消えてしまう」という事実。これは・・市子[ CV:花澤香菜 ]にとって良いことでは?

それでも市子は、あの場面で手を離した。あまりにさりげなく自然に「紅葉」って名前で呼ぶから、紅葉がそのことを言い出すまで、それに気づかなかったよ。そう言われて、「あれ?そういえば今確かに、名前で呼んだぞ!」と思い返したくらい。

最後の最後まで、市子と紅葉のいがみ合いを見せつつも、この作品らしい笑いのツボはしっかり抑えてある。最終話らしく、登場人物総登場ながら無理矢理感も全然なくて、何か感動的な作品を見た後かのような充実感すら感じたくらいだ。懋毘威[ CV:川原慶久 ]逮捕のニュースを見るまではね・・。

▼常時ハイテンション
1話から最終話まで、とにかくノリが良くてストーリーのテンポも軽快。ちょっと鬱な事があっても、市子だって嵐丸[ CV:戸松遙 ]恵汰[ CV:内山昂輝 ]だって、いつまでもウジウジしてることなく、すぐに復活!

シリーズ構成や1話の中のバランスが悪いと、単にうるさいだけの単調な作品になってしまう可能性もあるジャンルだけに、この作品の場合は「喜怒哀楽」のバランスが良かったんだろうな。

▼ヒロインらしくない市子
とにかく市子の性格の悪さは、時々リアルに引くくらい。だから、「市子可愛い!」とばかりに市子に入れ込んでストーリーを楽しむどころか、「これはマジでキツイわ・・」と絶句しながら俯瞰することの方が多かったかな。

だけどそういう視点で見ていたからこそ、徐々に変わっていく市子の態度とか考え方がよく分かった気がする。少しずつ大人になっていく市子を見ているとき、まるで親になったような不思議な感覚だったな。それでも最後は紅葉と仲良く取っ組み合いのケンカってところが、これまた実に市子らしいね。

▼市子の魅力たっぷり
俺は巨乳キャラはあんまり好きじゃなくて、何故かと言えばアニメの場合は必要以上に極端にキャラデザを起こすもんだから、明らかに不自然なバランスになってしまう。という俺の好みからすると、市子は「イマイチ」の方に分類されるわけだけど・・・、これはこれでアリだ。

まぁ市子の場合は、敢えてその胸をネタにしてるくらいだし、本人も大喜びでゆさゆさやってるくらいなので、これも1つの笑いのアイテムとして良い方に解釈できた。その作画に関しては、時々気になるカットはやっぱり多少あるけれど、TVシリーズならこれで十分すぎるクオリティと言って良いと思う。

貧乏神が!(@テレビ東京) / アニメーション制作:サンライズ

|

« 薄桜鬼 黎明録(最終話:第12話) | トップページ | 恋と選挙とチョコレート(最終話:第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55767971

この記事へのトラックバック一覧です: 貧乏神が!(最終話:第13話):

« 薄桜鬼 黎明録(最終話:第12話) | トップページ | 恋と選挙とチョコレート(最終話:第12話) »