« DOG DAYS'(最終話:第13話) | トップページ | 戦国コレクション(最終話:第26話) »

ココロコネクト(最終話:第13話)

▼最終話
2クール作品ということはリリーススケジュールから分かってたんだけど、ここでいったん区切りが入るのね。確かにそれにふさわしいストーリーではあったかな。そう思ったところで、第2期へのプロローグ。

しかもこの伊織[ CV:豊崎愛生 ]の言葉が、何とも思わせぶり。今度は何がどうなる?もちろん、原作が既に先行しているから調べれば分かるんだけど、そこは敢えて調べないまま、第2期を楽しみに待ちたいと思う。

それにしても、伊織母[ CV:田中敦子 ]の迫力が凄い(笑)。なるごど、伊織も怒るとあんな感じになっちゃう訳か・・。頑張れ、太一[ CV:水島大宙 ]。リア充の応援はしないけどね(笑)。

▼重いストーリー
最初はもう少し笑いとエロな展開があるのか?と思ってたんだけど、これがまぁ、なんともヘビーなストーリー。入れ替わりなんて現実にはあり得ない題材な訳で、それを使ってここまでストーリーをしっかりと作ってくるとは。

そのまま「入れ替わり」が続くかと思いきや、次々と文研部を襲う"あり得ない"事態が、さらに登場人物の心を深くえぐっていく。ストーリーと世界観、そしてキャラクターが複雑に絡む展開に。もっと軽いノリの作品を想像してただけに、これは予想外。そしてこの世界観にすっかりやられてしまった。週末の夜とかに見ると、翌週が憂鬱になるので、止めた方が良い(笑)。

▼リアルなキャラクター
外観とかそういう物じゃなくて、この作品の登場人物のリアルさは、その内面にあると思う。アニメの登場人物って、表面的な部分がすなわちそのキャラクターの全てで、後は記号でしかない事も多い。

この作品はそれとは真逆で、太一にしたって姫子[ CV:沢城みゆき ]にしたって、表に見えている部分はほんのわずか。それはあくまでも表向きの性格であって、心の中では全く違う事を考えていたりする。

まぁこれは普通の人間に当てはめればごく当たり前の事なんだけど、それをこれだけドラマにする力が、この作品にはあったってことだな。

▼作画で特筆する点は特になし
キャラクター重視の作品では無いけれど、やっぱり女の子は可愛い方が良い。まぁその点では及第点かな。凄く良かった!って感じじゃないし、所々、怪しい作画もあったけど、TVシリーズならこれで十分だと思う。

ココロコネクト(@テレ玉) / アニメーション制作:SILVER LINK.

|

« DOG DAYS'(最終話:第13話) | トップページ | 戦国コレクション(最終話:第26話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55782173

この記事へのトラックバック一覧です: ココロコネクト(最終話:第13話):

« DOG DAYS'(最終話:第13話) | トップページ | 戦国コレクション(最終話:第26話) »