« アルカナ・ファミリア(最終話:第12話) | トップページ | トータル・イクリプス(第12話) »

氷菓(最終話:第22話)

▼最終話
奉太郎[ CV:中村悠一 ]に見せたかった」というえる[ CV:佐藤聡美 ]のセリフ、どう解釈する?これはなかなか面白い種を残してくれたよね。

本来のルートを変更させたのは、あの茶髪。そういうことで一度は意見が一致していた。しかし思い返してみれば、工事をやっていいと連絡した人物が、男だったか女だったかという事には、誰も一切触れていない。状況証拠を集めていくと、やっぱりあのルート変更は、えるが思いついたんじゃないのか?ってこと。

しかし工事の連絡は、祭の数日前にあったみたいだし、そうなると奉太郎が傘持ちを引き受けることはまだ決まってなかった訳で、状況には矛盾が生じる。奉太郎があの役を引き受けることになったのは、あくまでも代役であって、最初から決まっていた訳じゃないし・・。

種明かしも無いまま、実に気になるまま、ストーリーがフィナーレ。このあと奉太郎とえるの関係はどうなるのか、もっとアニメで見てみたい。

▼複数話エピソードが面白い
1話完結のちょっとした事件と、複数話にまたがる長編エピソード。俺は断然、後者だ。文化祭しかり、映画研究会の映画制作しかり。この2つのエピソードは、今でもその印象が頭に残っているくらい、インパクトがあったし、奉太郎たちと一緒になって解決しようとしている自分がいた。

その反動って事は無いと思うけど、1話完結のエピソードはどうしても内容が薄く感じちゃうんだよね。1話の中でもストーリーはちゃんと作り込んであるところが伺えるんだけどね。これはもう好みの問題って言って良いよな。あとその短さ故に、自分なりの結論とか考えをまとめるいとますら与えてもらえないのも、俺的にはマイナスだったかな。

▼キャラクターの魅力
氷菓の主人公である奉太郎とえる、そして里志[ CV:阪口大助 ]麻耶花[ CV:茅野愛衣 ]の古典部4人。彼らにはとにかく"生身の人間"らしさを強烈に感じる。

それって言ってみれば、エンターテインメントの登場人物としては何ら資質が無いというか、それこそその辺にいる普通の高校生と大して変わらないって事でもあるんだよね。そこに少しずつ、ほんの少しずつのスパイスを加えることで、その人間くさい感情を強烈に残しつつも、フィクションとしての面白さも両立してる。

一言で言うならば親近感。彼らの魅力はたぶんそれだ。

▼文句なしの美麗映像
京アニの作画にケチを付けると、たぶん今放送されているアニメのほぼ全てにケチを付けなきゃいけない。「京アニ」という看板を掲げている作品だからって無条件に誉めるつもりは全く無いけど、氷菓に関してはテレビアニメとして100点満点でしょ。

学校とかの舞台設定も凄く緻密だし、えるのころころ変わる表情とか、麻耶花の不機嫌そうな様子とか、どこをとってもこれを映像化できるのは京アニくらいだろうと、そう思えるようなクオリティ。これをテレビアニメでやっちゃうんだから、ホントに大したもんだ。

氷菓(@テレ玉) / アニメーション制作:京都アニメーション

|

« アルカナ・ファミリア(最終話:第12話) | トップページ | トータル・イクリプス(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55684778

この記事へのトラックバック一覧です: 氷菓(最終話:第22話):

» 気になります! [笑う社会人の生活]
アニメ「氷菓」を見ました。 テレ玉にて 日曜深夜にやってました 米澤穂信の小説 古典部シリーズのアニメ化 1作目、2作目は既読でした 日常の謎を扱ったミステリで そこに高校生たちの青春も・・・ ゆっくりとしたトーンというか 日常がしっかりとでていて良かった...... [続きを読む]

受信: 2012年9月29日 (土) 22時42分

« アルカナ・ファミリア(最終話:第12話) | トップページ | トータル・イクリプス(第12話) »