« だから僕は、Hができない。(第10話) | トップページ | 貧乏神が!(第11話) »

黒子のバスケ(第23話)

桐皇と海常の試合のはずなのに、始まってみれば青峰[ CV:諏訪部順一 ]と海常の試合みたいな雰囲気になっちゃってるな。まぁそれも、青峰の存在感を考えればやむなしか。黄瀬[ CV:木村良太 ]の実力はもちろん認めるところだけど、下馬評が青峰有利なのは当然。

試合の序盤、確かに海常がペースを握って有利に試合を進めはしたけれど、それも青峰にとってはウォーミングアップみたいなもんなのかもね。何処かで黄瀬が青峰の予想を覆す動きとかテクニックを見せてくれるんじゃないか、そこで青峰のハッとする驚きの表情が見られるんじゃないかと期待したけれど、今回はそういう見せ場も無し。

この二人の対決は、かつての帝光中学時代のエピソードを適度に挟みつつ、上手い具合に盛り上げてくれた。青峰も黄瀬も"天才肌"って印象だったけど、それはどちらかというと黄瀬にふさわしい表現みたい。特に黄瀬の場合、上手くなるための努力ってほとんどせずにここまで来てるんだと思う。

試合中盤から後半にかけて、どうやら黄瀬がその"努力"の成果を見せてくれそう。試合の流れをひっくり返すところまでいくだろうか。

黒子のバスケ(@TOKYO MX) / アニメーション制作:プロダクション I.G

|

« だから僕は、Hができない。(第10話) | トップページ | 貧乏神が!(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55651609

この記事へのトラックバック一覧です: 黒子のバスケ(第23話):

« だから僕は、Hができない。(第10話) | トップページ | 貧乏神が!(第11話) »