« はぐれ勇者の鬼畜美学(最終話:第12話) | トップページ | カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~(第12話) »

アクセル・ワールド(最終話:第24話)

の傷として永遠に刻み込んでやりたかったわ。都合良く、全てを忘れた上に、性格まで変わるとは。兄に痛めつけられたのって、ブレイン・バーストをやる前からじゃなかったのか?

シルバー・クロウ[ CV:梶裕貴 ]とダスク・テイカーのバトルは、シルバー・クロウが終始優勢で、俺が思っていたよりもあっさり決着が着いた感じ。ライム・ベル[ CV:豊崎愛生 ]のヒールにもビックリしたけど、もしかして最後の一撃を食らわせないんじゃないかっていうあのシルバー・クロウの態度。そっちの方がハラハラしたわ。

戦いが終わり、春雪が大胆にも黒雪姫[ CV:三澤紗千香 ]にプロポーズしてみたり、電車のドア越しに[ CV:戸松遙 ]の目が赤く光っていたり(笑)。ストーリーの区切りと共に、多くの登場人物の心にもひとときの安らぎ。能美にかき回された後半のストーリーだったけれど、これでようやく落ち着いたかな。

▼緻密な世界観
この作品の魅力は、やはりブレイン・バーストというゲームであり、それを構成するいくつかのデバイスだったり、仮想世界でのルールだったりする。「心意システム」はちょいとチートのような気もするけど、それは良い意味でのアクセントと解釈しておく。

そのバーチャルな世界観と、春雪や拓武[ CV:浅沼晋太郎 ]、千百合や黒雪姫っていうリアルなキャラクターの融合が実に上手い。ネットやゲームが一般化して、出来ることと出来ないことがある程度は想像出来るこの現代でも、なるほどと納得させるブレイン・バーストの世界観と、いつになっても変わらないし読めない人の心の内面。

用語や設定が難解になりがちな作品だと思うけど、そのたりのフォローも万全で、それでいてテンポが悪くなる事も無かったし、最後までストーリーを思う存分楽しめた。

▼春雪のダメッぷり
まぁこれですよ。チビ+デブという、おおよそ学園ラブコメ、SFラブコメとは縁遠い設定の主人公。これってたぶん、前代未聞だよな?主人公がヲタ+引きこもりってのはおそらく良くあるんだけど、たいていの場合、実はイケメンだったりするんだよね(笑)。

加えて、春雪の卑屈さとダメ人間ぶりがまぁ見事。黒雪姫との出会いが結果として彼を変えていくことになるんだけど、それにしても「そこまでか!」と思う事もあり、一方で「まぁそうなっちゃうよな・・」と一緒にテンションダウンすることも。そういう点では、わかりやすいし親しみやすい主人公でもあったよね。

▼安定のバトルクオリティ
デュエルアバターの派手なバトル。この作品の見せ場の1つだ。いわゆる「3DCG」ではなくて、「2DCG」で製作されたことで、単なるロボット的な何かの戦いじゃなくて、人間同士が戦っているかのような、そんな緊張感とそして時には痛々しさも。

一方で車やバスだったり、建物やデバイスだったり、節々に近未来感の演出があって、そしてその設定とデザインがかなりしっかりしてる。こういう細かい所へのこだわりが、作品全体の面白さを上げてくれるし、没入度も高めてくれるんだよね。

アクセル・ワールド(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

|

« はぐれ勇者の鬼畜美学(最終話:第12話) | トップページ | カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55732253

この記事へのトラックバック一覧です: アクセル・ワールド(最終話:第24話):

« はぐれ勇者の鬼畜美学(最終話:第12話) | トップページ | カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~(第12話) »