« ココロコネクト(最終話:第13話) | トップページ | 2012年10月アニメ新番一覧と注目作品 »

戦国コレクション(最終話:第26話)

▼最終話
2クール26話。まさかこんなにストーリーが用意されている作品とは思わなかった戦国コレクションも遂に最終話か。信長[ CV:大久保瑠美 ]義元[ CV:清水愛 ]の戦いは、おそらく史実の何かをモチーフにしてるような雰囲気なんだけど、残念ながら無知な俺には良く分からず(笑)。

しかしな~。まさかその果てに待っていたのが信長と光秀[ CV:日笠陽子 ]の百合展開とは。これぞまさに超展開。信長と光秀は、仲良く暮らしましたとさ。めでたしめでたし。まぁ何とも戦国コレクションらしい終わり方って気もするけどね。

最後にこれまで登場した多くの武将たちの後日談が、わずかなカット数ながら一人ずつを追っかけて。そしてその武将達が1つのお祭りに集まって、それぞれのキャラクターらしい出し物やら振る舞いやらで楽しんでいる。この演出、俺は好きだな~。喋らないキャラが多いのは、予算的な都合もあると思うけどね(笑)。

▼1話完結が基本
信長の秘宝集めというテーマがあったハズなんだけど、それは基本的にオマケも良いところ。作品としては1話完結で、とにかくありとあらゆる世界観にキャラ設定を見せてくれた。これ、別段「戦国武将」という設定である必要は全く無いと思うんだけど。

さて、これだけ数があればお気に入りのエピソードと、そうじゃないのに別れてくると思う。可もなく不可もなくの無毒なエピソードをダラダラやられるよりは、1つの作品の中でもそういう傾向があるってのは、俺は良いと思う。ちなみに俺が気に入ってるエピソードは、吉継[ CV:白石晴香 ]とか劉備[ CV:堀江由衣 ]の回だな。

▼キャラクターよりどりみどり
ストーリーという点においては、戦国武将である必然性は何も無いんだけど、キャラクターという観点からすれば、戦国武将という設定が、良い具合にストーリーに絡んでくる。

俺の場合、日本はおろか世界も含めてこういう「人物系」の史実はとにかく高校の頃から覚えるのが嫌いで、全くの無知。だからこそ、本物に無頓着だから「流石にこれはあり得ないだろう」というフィクションの設定も、1つのツッコミどころとして十分に楽しめた。

たぶんこういう作品は、詳しくない方が楽しめるんじゃないかと思う。

▼特徴的なキャラクター
俺の思う「可愛いキャラデザ」とは嗜好が少し違うかなぁ。それよりも、髪型とか服装とか、そういう所の細かいデザインが、この作品の作画の見所だったんじゃないだろうか。

違う格好をしないからデザインはしやすいかもしれないけれど、それでもこれだけの戦国武将の来てる服とか身につけてる小物とか、しっかりとデザインを起こすのは大変だと思う。元々、ゲーム向けということもあって、止め絵ではもっと細かいのかもしれないけど、アニメでもこれだけ書き込んであれば十分納得の出来だと思う。

戦国コレクション(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« ココロコネクト(最終話:第13話) | トップページ | 2012年10月アニメ新番一覧と注目作品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55782176

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国コレクション(最終話:第26話):

« ココロコネクト(最終話:第13話) | トップページ | 2012年10月アニメ新番一覧と注目作品 »