« ソードアート・オンライン(第12話) | トップページ | 輪廻のラグランジェ season2(最終話:第12話) »

機動戦士ガンダムAGE(最終話:第49話)

▼最終話
融和と和解。戦争は必ずしも一方が他方を打ち負かすだけじゃない。それは俺も否定するつもりはない。だけどなんだろう、この茶番。なんであの状況から、フリット[ CV:井上和彦 ]の一言で、地球連邦とヴェイガンがどうして手を取り合うことが出来るんだろう。だって73年も戦争を続けてたんでしょ?

スケープゴートにされたのは、ゼラ・ギンス[ CV:浪川大輔 ]。最終的に、彼が連邦の敵でありヴェイガンの敵でもあるという、不幸な立場を押しつけられ、そしてキオ[ CV:山本和臣 ]によって救出されるという、何とも納得しがたい戦闘の終結を迎える事になった。

ガンダムという作品には、常々「戦争の虚しさ」と「人の心の強さと弱さ」を感じてきた。この作品もガンダムを冠するのであれば、やはりそれを期待して当然。幼児向けにアレンジされた童話のような、「いつまでも仲良く暮らしましたとさ。めでたしめでたし。」的な物語を、俺はガンダムを冠した作品で見たくなかった。

▼中盤は良かったんだけど・・
物語の導入であるフリット[ CV:豊永利行 ]編の序盤、そして物語の終盤であるキオ編の終盤。つまり物語の最初と最後が、どうにもいただけない。「世代」をテーマにした世界観と物語は、キオ編の序盤までとっても良い感じだったのに。

今回のガンダムは対象年齢を相当に低くしたっていうことだったんだけど、それがつまり「ぬるい」世界観を許容してしまったってこと?俺は必ずしもそれが正しいとは思えないけどなぁ。それこそよとり教育じゃないけれど、全ての物からトゲを取ってしまったら、後には似たような形の実につまらない物だけが残ることになるよ?

ストーリーのテンポが良くて、確かに飽きはしないんだけど、やっぱり俺にはこれがガンダムだとは思えない。

▼MSがかっこ悪い
ガンダムといえばモビルスーツ。その仰々しいまでの武装だったり、およそ人形兵器とは言えない造形のモビルアーマーだったり、"メカ"という要素に置いては、常に驚きを提供してくれるはずのガンダム。それがどうしちゃったんだろうなぁ・・。

動かしやすさとか、色の付けやすさをある程度は考慮せざるを得ないことはまぁ認める。それにしても、最初から最後まで、特に連邦のモビルスーツがまぁかっこ悪い。そして弱そう。70年経ってこの進歩のなさはどうしたもんだろ。結局、ガンダムに至っても俺はヴェイガンのガンラムレギルスが一番良かったと思う。

▼比べざるを得ない
AGEのテレビシリーズとほぼ平行してOVAがリリースされていたガンダムUC。同じガンダムを冠する作品だけに、どうしてもこの2作品を比べてしまうんだよね。決して比べてはいけないと分かりつつも・・。

結果的にそれは、UCの作品としてのクオリティの高さを再認識することになるわけだけどね。やっぱり多くのガンダムファンが求めるのはUCだと思うし、「裾野を広げる」ことが目的だとしたら、前述のストーリーのぬるさとMSのかっこ悪さは、どっちも致命的だと思うけど。

機動戦士ガンダムAGE(@TBS) / アニメーション制作:サンライズ

|

« ソードアート・オンライン(第12話) | トップページ | 輪廻のラグランジェ season2(最終話:第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55739393

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダムAGE(最終話:第49話):

« ソードアート・オンライン(第12話) | トップページ | 輪廻のラグランジェ season2(最終話:第12話) »