« 織田信奈の野望(最終話:第12話) | トップページ | 黒子のバスケ(最終話:第25話) »

だから僕は、Hができない。(最終話:第12話)

▼最終話
なんか随分と良介[ CV:下野紘 ]があっさりと助かってしまったな。リサラ[ CV:遠藤綾 ]の気持ちがどこまで良介に届くのかっていう、最大の見せ場のはずなのに。そもそも、サブタイトルの「だからHがどうとか言うな」はなんだったんだ。誰もHとか言ってないぞ。

単純な良介とリサラのハッピーエンド・・・という訳では無く、美菜[ CV:石原夏織 ]キュール[ CV:西口杏理沙 ]、そしてイリア[ CV:福圓美里 ]とも良い具合の距離感を保ちつつ。

それでも良介はちゃんとリサラに気持ちを伝えたわけだし、リサラもそれに応えたわけで、ラブコメとしてはちゃんとストーリーに区切りは付いたよな。それでも、この唐突感は何なんだろう。もしかして、「毛だけしか・・」の後、オンエア版はカットされてたりする?そんな可能性もありそうだよな。

▼インパクト十分のタイトル
「だから僕は、Hができない。」とは、何ともストレートなタイトル。最近はこういう文章になってる作品が多いよね。そしてその意味が強烈なら強烈なほど、中身が気になるのは人のさがってもんだ。

じゃあこの作品のストーリーはどうだったか?これはなかなか難しいよな~。俺は最初の頃のお馬鹿でエロ満開のノリの方が好きだけけど、後半がシリアスになるのはお約束として分かりきっていたことでもある。それでも、面白さという点では、やっぱり序盤が俺的にピークかな。エロとシリアスの両立って、やっぱり難しい。

▼今作は第三者視点で
ラブコメ作品の場合、俺は基本的にお気に入りのキャラクター(女の子ね)が見つかれば、その子をヒロインにして勝手に楽しんでる。とは言っても必ずお気に入りのキャラクターがいるわけじゃないし、仮想ヒロイン設定できる作品は、イコール面白いってことになる。

「僕H」について言えば・・・残念ながらそこまでは届いてないかな。リサラとキュールの中間くらいの女の子が1人いれば良かったんだけど。美菜はその性格や胸のサイズから、俺の好みとはかなり違うところにいたしね。

▼結局OPは完成せず
元から作る気が無かったのかもしれないけれど、今どきOPを本編のカット繋げて作るなんて、ちょっと省エネ過ぎ。おまけに制作スケジュールの遅延で、AT-Xの放送を1回飛ばしてるし、その映像クオリティも推して知るべし。

feel.ってこの手のアニメは得意だと思ってたし、事実、序盤は良い具合にエロくて、納得のデキだったのに。

だから僕は、Hができない。(@AT-X HD!) / アニメーション制作:feel.

|

« 織田信奈の野望(最終話:第12話) | トップページ | 黒子のバスケ(最終話:第25話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/55760511

この記事へのトラックバック一覧です: だから僕は、Hができない。(最終話:第12話):

» ◎だから僕は、Hができない。第12話「だからH... [ぺろぺろキャンディー]
リサラ;なんでミナにOKって言わなかったの。ミナ:リョウスケちゃんに買ってもらった服、みせてあげてもいいですか?ダル:連れて行きます。エナジーを回収するだけですから。... [続きを読む]

受信: 2013年1月 4日 (金) 20時26分

« 織田信奈の野望(最終話:第12話) | トップページ | 黒子のバスケ(最終話:第25話) »