« 絶園のテンペスト(第5話) | トップページ | リトルバスターズ!(第5話) »

バクマン。3(第5話)

秋人[ CV:日野聡 ]の原作者としての活躍が、最高[ CV:阿部敦 ]にとって"良い刺激"となれば、言うことないんだけどな~。少なくとも最高の心境は、そんなに単純じゃないと思う。秋人もそういうところを感じ取ってあげても良さそうなんだけど。

じゃあ白鳥[ CV:井口祐一 ]を一喝した最高の言葉は、本心じゃなかったのか?いやいや、それももちろん本心なのは間違いないだろうな。それだけ、最高の気持ちが揺れてるってことだだろう。

今のまま、PCPを書き続けても、目標であるアニメ化には届かない。そう宣言されてしまうと、やっぱり辛いよな~。タントみたいに、またPCPを終わらせる?それとも、アニメに出来そうな作品を読み切りで書くか?順調なように見えて、実は行き詰まってるような複雑な心境だろうな。

バクマン。(@Eテレ) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« 絶園のテンペスト(第5話) | トップページ | リトルバスターズ!(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56045135

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。3(第5話):

» バクマン。3 第5話 ステップとウォッチ [ゲーム漬け]
白鳥の「恋太&ピース」は順調に掲載へ向けて走り出し、最高は複雑な気分ですが、白鳥もまた悩みを抱えていました。 それは、白鳥家での漫画への理解の無さ。 画家の夢は後押しし ... [続きを読む]

受信: 2012年11月 8日 (木) 17時26分

« 絶園のテンペスト(第5話) | トップページ | リトルバスターズ!(第5話) »