« バクマン。3(第6話) | トップページ | ソードアート・オンライン(第19話) »

リトルバスターズ!(第6話)

理樹[ CV:堀江由衣 ]はどうして小毬[ CV:やなせなつみ ]を、助けてあげたいと思ったのか?彼女が現実を受け止められずに苦しんでいたから?それとも、それを見過ごす自分が許せなかったから?

小毬の境遇を単に可愛そうと思っての同情心からであれば、もう俺はこの作品のストーリーをボロクソにけなしていた自信がある。少なからず理樹の行動には、理樹としての信念があったと思うし、[ CV:たみやすともえ ]恭介[ CV:緑川光 ]たちも、それを信じて二人を見守っていた。

「さぁ泣け!」と言わんばかりの出来すぎたお涙頂戴エピソードには何の感想もないけれど、小毬シナリオがおそらく終幕となったこのエピソードには、そういう単純なメッセージじゃなくて、思わず考え込んでしまうような、そういうメッセージがじわじわとくるんだよね。

リトルバスターズ!(@TOKYO MX) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« バクマン。3(第6話) | トップページ | ソードアート・オンライン(第19話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56102145

この記事へのトラックバック一覧です: リトルバスターズ!(第6話):

« バクマン。3(第6話) | トップページ | ソードアート・オンライン(第19話) »