« マギ(第6話) | トップページ | イクシオン サーガ DT(第6話) »

緋色の欠片 第二章(第7話)

神隠しと関係があったのは、拓磨[ CV:杉田智和 ]じゃなくて、美鶴[ CV:藍川千尋 ]の方だったか。なるほど、これで今まで美鶴がずっと憂鬱な表情をしていた理由が分かったよ。1人でずっと"影"としての宿命を背負ってきたのか・・。

ババ様[ CV:久保田民絵 ]も、よくまぁあっさりとこんな大事なことを言ってくれたもんだ。しかし裏を返せば、ババ様はもうその神隠しを終わりにして、珠紀[ CV:三宅麻理恵 ]と鬼切丸と共に、自分も死ぬ覚悟なんだろうな。

そしてまた、おそらくは珠紀がこれを受け入れてしまうだろうという気はしてた。「自分の命と引き替えに、大勢の人を助けることが出来る」っていわれたら、おそらく珠紀は断らない。拓磨を遠ざけたことが、結果としてその覚悟を強くするんじゃないかと思っていたけど、そこはむしろ逆効果だったかな?

ここまで1期から"恋愛"の要素があまり無かった緋色の欠片だけど、クライマックスはいよいよ愛の物語の様相だな。

緋色の欠片 第二章(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« マギ(第6話) | トップページ | イクシオン サーガ DT(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56108773

この記事へのトラックバック一覧です: 緋色の欠片 第二章(第7話):

« マギ(第6話) | トップページ | イクシオン サーガ DT(第6話) »