« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(第5話) | トップページ | K(第5話) »

ROBOTICS;NOTES(第4話)

やっぱりアニメになってもこのあたりのストーリーのテンポの悪さはどうしようもないか。かなり端折ってはいるし、『あねもね号』の事件だったり、「愛理[ CV:釘宮理恵 ]」の存在だったりと、この先の展開の重要な伏線はたくさんあるんだけどなぁ。海翔[ CV:木村良平 ]のだるそうなしゃべり方のせいだろうか。

しゃべり方と言えば、フラウ[ CV:名塚佳織 ]がちゃんと話してるのは、初めてじゃないか?あの言葉遣いは、聞いてるだけで嫌気がさす人もいそうだけど、俺は好きだけどな。海翔と全く会話が成立してないところが、実に良い(笑)。

それにしても、同じロボ部のメンバーのはずなのに、なかなか海翔とあき穂[ CV:南條愛乃 ][ CV:細谷佳正 ]の一体感が出てこない。まぁそうそう相容れるようなメンツじゃないのは確かだけど、部活アニメの割にはそういう描写が全然ないよな。

ROBOTICS;NOTES(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G

|

« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(第5話) | トップページ | K(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56037325

この記事へのトラックバック一覧です: ROBOTICS;NOTES(第4話):

« お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(第5話) | トップページ | K(第5話) »