« ソードアート・オンライン(第23話) | トップページ | 緋色の欠片 第二章(第11話) »

マギ(第10話)

やっぱり今のところは、シンドバッド[ CV:小野大輔 ]の威光が、圧倒的だな。それはアリババ[ CV:梶裕貴 ]をいさめたり奮い立たせたりするだけじゃなくて、人の心を掴む術を分かってるって感じ。

しかし、今の閉塞感を打ち破る秘策があるのか?と問われれば、おそらくはNOだと思う。となると、あとは持久戦になってしまう。そんな事をしてるうちに、バルバッドの国が腐りきってしまいそう。その閉塞感に追い打ちをかけるように、ジュダル[ CV:木村良平 ]だ。

いつもはひょうひょうとしていて、そしてどこか余裕すら感じられるアラジン[ CV:石原夏織 ]が、あそこまで敵意をあらわにする相手。それだけ、ジュダルっていうマギの持ってる力が、強大かつおぞましい物だってことなんだろう。

そしてウーゴくん[ CV:森川智之 ]がまさかのピンチ・・。これで差し違えてなかったとしたら、という想像はあんまりしたくないけど。

マギ(@TBS) / アニメーション制作:A-1 Pictures

|

« ソードアート・オンライン(第23話) | トップページ | 緋色の欠片 第二章(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56288297

この記事へのトラックバック一覧です: マギ(第10話):

» (アニメ感想) マギ 第10話 「その名はジュダル」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
投稿者・鳴沢楓 マギ 1【イベントチケット優先販売申込券付】(完全生産限定版) [DVD](2013/01/30)石原夏織、梶 裕貴 他商品詳細を見る 「霧の団」に入ったシンドバッドによって、バルバッド王宮へと連...... [続きを読む]

受信: 2012年12月12日 (水) 14時44分

« ソードアート・オンライン(第23話) | トップページ | 緋色の欠片 第二章(第11話) »