« リトルバスターズ!(第12話) | トップページ | ToLoveる-とらぶる-ダークネス(第11話) »

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(最終話:第12話)

▼最終話
秋人[ CV:逢坂良太 ]の最後のモノローグが、なにかとんでもない花火を打ち上げてくれたんですが。ここにきて「実は秋子[ CV:衣吹 ]とは血の繋がりがない」って、おい!それを最終話で言いますか。

それを踏まえてしまうと、秋人の書いてる小説も実は秋人の願望そのものなんじゃないかと思えてきたり。秋子は本当にそのことを知らないのかなぁ?まぁ知らないだろうな、あの感じだと。秋人が特に誰かとくっついたりせずに、絶妙な距離感を保ってエンディングを迎える事は想像に難くなかったけど、このキラーパスにはちょっとビックリだわ。

それまでは、アナ[ CV:茅原実里 ]の独壇場だったのに(笑)。

▼安心のお約束
文章タイトルにも慣れてきた今日この頃、この作品を一言で現すなら「ドタバタラブコメの王道」って感じかな。だからこのジャンルが好きな人にとっては、安心して見ていられる内容だったんじゃない?俺は結構、好きだったな。

主人公を取り巻くハーレムに、多種多様なタイプの女の子を取りそろえ、次々と言い寄られながらもすんでの所でかわしていく。この寸止め感がいいんだよね(笑)。思っていたよりもシリアスなエピソードは少なかったし、気楽に笑いながら突っ込みを入れつつ、楽しめる作品だと思う。

▼お気に入りのキャラ
これもしつこくいろんな作品の感想で書いてるんだけど、面白い!と思えるラブコメ作品って、ヒロインの女の子に入れ込んで見る事が出来るんだよね。それは必ずしもメインヒロインじゃなくても良い。というか、俺の場合はそうであることが多いかな。

今作では、アナと薫子[ CV:高本めぐみ ]が良い勝負!アナのクールなようで内心ドキドキしてるそのギャップが実に可愛い。しかし薫子の天然キャラというか、あの空回りっぷりは、思わず応援したくなるドジッ子レベルの高さ。ここは甲乙付けがたいな。

▼キャラ命の作品だが・・・
SILVER LINK.にはそんなに悪い印象はなかったんだけど、今作の作画に関して言えば、もっと頑張りましょうってところだな。特に最終話にかけての後半は、キャラアップのカットは何とか持ちこたえてるのに、全身が入るようなカメラが引いたカットではかなり悲惨な出来。

キャラクターデザインは凄く丁寧だし、序盤の作画も良かっただけに、後半の出来にはがっかりだ。

|

« リトルバスターズ!(第12話) | トップページ | ToLoveる-とらぶる-ダークネス(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/56380401

この記事へのトラックバック一覧です: お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(最終話:第12話):

« リトルバスターズ!(第12話) | トップページ | ToLoveる-とらぶる-ダークネス(第11話) »